このブログを検索

Takuto Domeki






















Takuto Domeki2020.6.10 - 2020.6.12
[WEST 1-B]

Takutoさんによる初個展が開催中です。
不思議な世界観にどこか共感を覚えるような作品が並びます。
Takutoさんの表現をお楽しみください。




展示スペースに並ぶほとんどの作品に暗い印象を受けました。
黒を基調としていたり、不安定に流れる線、表情の読めない顔。
作品をずっと見ていると、なんだか不安な気持ちになります。

私が感じたその不安は、Takutoさんご自身の感情でもありました。

こちらの作品は、Takutoさんが最近1人暮らしを始めて、ずっとひとりでいることの不安から。


こちらの作品も、ひとりでいる不安から、腕を長く伸ばしてぬいぐるみを離さないようにしている様子。



このようなマイナスの感情を作品にすることによって、Takutoさんは安心を得るそうです。

憂心や気掛かりなことはきっと誰にでもあるもの。心の内をさらけ出すことで、安堵することもありますよね。
ゾッとするような恐怖を感じる作品にも、人間ならではの感情がTakutoさんの表現で描かれています。

多くの作品に描かれたこちらの顔。



数年前に初めてこの顔を描いてから、この顔が無いと気持ち悪くなったと話してくださいました。
この単調な顔、ちょっと可愛いかも

楽しい印象を与えてくれたのは、天井から吊るされたペーパーマッシュの作品。




「純粋に綺麗なものを作りたかった」とのこと。
鮮やかな色と、見上げると視界に入ることから虹を連想しました。

Takutoさんの心に触れ、不安と安心が混沌とする不思議な空間でした。

本展は6/12(金)まで。
Takutoさんの初個展、是非ご覧ください!



[使用スペース WEST 1-B]

staff Hiyori