このブログを検索

KIVET 『三人展』


KIVET 『三人展』
2019.12.7  -  2019.12.9
[ WEST 1-A ]

大学のトイカメラサークルのメンバーによる3人展。それぞれが好きな音楽をもとに写真で表現されています。


好きな曲を聴いて感じたイメージを、別の媒体で表現するという作品づくり。どんな刺激を受けてどんなイメージが浮かび上がってきたのかとても気になるところ。同じ曲を聴いても三者三様の感じ方があるため、きっと別の形で表現されるのでしょう。
音楽には音程、リズム、音色、、様々な情報があります。また歌詞によってもイメージは大きく変化します。
3人がそれぞれ好きな曲を選び、その曲のどの部分に惹かれたのか。これから各作家の作品をご紹介いたします。


ソガハルノ





ソガハルノさんの写真は温かさを感じる光が印象的。何気ない風景がとても自然体で、休憩をしている時のリラックスした穏やかさを感じさせます。ソガハルノさんの選曲は素朴さと力強さがある曲で、写真に写る植物や街並みがイメージと合致しています。過去の思い出を振り返りながらぼーっとする。そんなゆったりとした時間の流れの中で鑑賞したい作品です。


なかじまえみ




なかじまえみさんの写真は都会的でクールな印象。目まぐるしく変化し続ける世界で軽やかに突破していくような爽快感。そんな現代の生活で苦しいこともありながらうまく生きていく若者を追って撮影したかのようです。なかじまえみさんの選曲もクールな印象があり、曲中の人物がそのまま現れたかのようです。真っ直ぐ、嘘なく生きていくような前向きな力を与えてくれる作品です。


クボタミカ




クボタミカさんの写真は何かを求めて探しに出かけるような未知の雰囲気を醸し出しています。街に出掛け、海に出掛け、出掛け先で物思いにふけるような深い心理状態。ゾクゾクするような面白さがあります。
クボタミカさんは、曲中のゲーム音のような音色からもイメージを膨らませて撮影に挑んだようです。部屋の中から海の景色まで、空間の広さの幅をもった作品群です。


全員が同じテーマで写真を撮影していますが、一度曲を分解してどのように再構築していくかは、それぞれの感性によって異なる。その面白さを本展示では味わえますので、ぜひ皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。


[ WEST 1-A ]

Staff Chi