このブログを検索

hitomi・芋 小夏・どくろまゆ 『3人展 -愛する世界-』



hitomi・芋 小夏・どくろまゆ 『3人展 -愛する世界-』
2019.11.2-2019.11.4
[WEST 1-B]

大規模グループ展の参加をきっかけに仲を深められてきたお三方による三人展が開催中です。
それぞれの「愛する世界」を、それぞれの手法で自由に描かれている展示となっております。
明るく、穏やかなお三方が紡ぎ出す世界観を是非ご堪能ください!


hitomi





昨年開催された当ギャラリーの企画展『もぐもぐ展』にもご参加くださったhitomiさん。
色鉛筆で描かれる、ふんわり柔らかい動物と食べ物のモチーフに思わず頬が緩みます。
動物のフォルムや食べ物の質感もリアリティに溢れ、見ているだけでほっこり優しい気持ちになります♪
思わずお腹の虫が鳴ってしまいそう!

芋 小夏





水彩とアクリル絵具を用いて作品を展開されている芋 小夏さん。
みずみずしい青の世界から、ハッとするまさに“紅一点”の作品まで、ファンタズミックで美しい世界観が画面いっぱいに広がります。
下の作品は、月を神様と崇める海月ちゃんという物語を描かれたというもの。
本作品のベースになったという作品原画も、ポートフォリオとしてお持ちいただいているので、是非ご覧ください!

どくろまゆ





どくろまゆさんは、ボールペン画で少し毒かわいいモチーフを描かれています。
構図やモチーフも大胆に配置されていますが、大きい瞳が特徴的な少女は愛らしくもどこか物憂げで、どこか儚い印象も。
下の作品は、ドールをメインとした展示に参加した際に描かれたものだそうで、四肢のむっちりとした印象に人間味も感じられ、その片目から覗く表情にドキッとします。
緻密な線画にじっくりじっくり見入ってしまいました。

参加人数も変動しつつ、この1-Bでの展示は3回目だそうで、回を重ねるごとに仲の良さが深まっていかれたそうです。
ジャンルやモチーフもバラバラのお三方。
しかし、その中でもそれぞれの愛する世界を自由にのびのびと表現されており、ほっこり心温まる空間となっていました。

本展は11/4(月・祝)まで。

壁ごとに変わる愛する世界の中に、是非飛び込んでみてはいかがでしょうか。

<スペース詳細はこちら>

[WEST 1-B]

staff kome