このブログを検索

saragai asaka



saragai asaka
2019.7.9-2019.7.15
at WEST 2-C

抽象画や女性の人物画を得意とする作家saragai asakaさんによる、今年2度目の個展がWEST 2-Cにて開催中。1年のうちに早くも2度目の個展、恐るべきスピード感です。





展示はパネルに描かれた抽象画、女性の人物画、古着にペイントした作品やアクセサリーなど、実に多種多様な形態で自身の世界を表現した空間となっています。

前回はパネルやキャンバスの平面作品が多かったですが、今回の個展では着実な変化の跡が辿ってみれます。




以前までは抽象作品において、線や形が入り組み、細かく書き込まれた作品が多かったというsaragaiさん。しかし、自身が頭の中に抱えるイメージの総量に、それを形に変えていく作業のスピードが追いついていかないということに葛藤があったと言います。

その過程で、もっと肩の力を抜いて、自分も見てくれる人も楽しめる方法として取り組んだのが、写真にあるようなドローイング作品なのだそう。

イメージを具現化していく過程で、頭の中に振ってきたインスピレーションがフェードアウトしていくことにもどかしさを感じ、もっと素早くアイディアを形にするべくスタイルが変貌していったsaragaiさん。そのため、ドローイング作品はより新鮮で、生のイメージが形となって現れ出たものと言えます。




もう一つsaragaiさんの作品として特徴的なのが女の子のイラスト。
中性的な顔立ちと思慮深げな表情に引き込まれていきます。

抽象画と人物画、一見形は違って見えるかもしれませんが、風になびいて遊んでいるような軽快な線、そしてビビッドな色遣いなどは共通したsaragaiさんの作品の持ち味。
今回の展示ではその両方の側面をじっくりと観察することができます。




アートとしての自身の作品の価値よりも、楽しむこと、そして自分の世界を身近に感じて欲しいということにフォーカスしているというsaragaiさん。
その思いが形となっているのが、こちらの古着をリメイクした作品。

服や靴は支持体としてではなく、買った人が身につけて楽しんでもらえるようにと使っているもの。絵画作品を買って部屋に「飾る」のは幾分ハードルが高いですが、服を買って「身につける」のは誰しもが生活の中で実践していること。より自分の世界が見てくれる誰かの生活に寄りそえるようにという願いが込められた作品です。

写真で紹介した作品の他にも、アクセサリーやペイントされたバッグなど、誰もが身近にアートを取り入れることができるアイテムが並んでおり、そのすべてはお手にとって購入ができます。

決して大きな展示スペースではないですが、だからこそsaragaiさんの世界観を全身で感じられる本展示に、ぜひ足をお運びください。7/15(月)まで開催中です。


【出展スペース:WEST 2-C】
DF STAFF isaka