このブログを検索

WAVE TALE と仲間たち『海の・・・展7』



WAVE TALE と仲間たち
『海の・・・展7』
2019.4.13-2019.4.14
[EAST 101]

毎年恒例、海を愛し、海の生き物を愛するアーティストたちの祭典『海の・・・展』の季節がやってまいりました!
101スペースをブースで分割し、使用されている様子は当館の企画展さながら!
7回目となる今回は、17組の作家さんたちの作品が一堂に会します。
一部にはなりますが、展示の模様をご紹介いたします!

雑貨あり、イラストあり、陶器あり、アクセサリーあり…
バリエーション豊かなラインナップに圧巻の一言です!
生き物や貝殻、シーグラスなどなど、「海」ひとつ取っても着眼点に個性が光ります。



海岸で拾うことができるシーグラスを、そのまま一切加工せず制作されているそうです。
『記憶の底』と名付けられたこちらの作品は、球体に閉じ込められたシーグラスは神秘的で、どこかドリーミーな印象もありますね。



こちらは粘土樹脂で制作されたというパフェ…!
単なるかわいいパフェではありません…よく見ると…よく見るとウミ…ウミウシ…!!
一点一点フルーツやお菓子の配置が全て違うので、お気に入りを見つけるのに迷ってしまいます…!



スカシカシパンという生物をご存知ですか?一見クラゲのように見えますが、実はウニの仲間なんですって…!
スカシカシパンには特徴的な穴が5つ空いているのですが、こちらのピアスではその穴も再現されています!
耳に付けると肌が透けてかわいい♪



ミジンコのビーカーがありました。
よく見ると微生物がたくさん描かれています…!
そう、理科の実験で顕微鏡でよく覗き込んだ彼らです…



理科といえば…理科はんこ屋さんの海の生き物たちはんこもお忘れなく!
個人的なお気に入りは、深海生物のゆるいあの子…
もう海上に引き上げられちゃったあとのこの絶妙な垂れ具合の再現率、最高です!



乾燥させた土を使用した陶器のブローチでクラゲを作っておられる作家さんがいらっしゃいました!
このクラゲの頭の部分、実は特別な塗料で着色されているそう。
自転車やスポーツ用のスニーカーに付いている、夜に光りに反射するアレです。
フラッシュ撮影するとピカッと発光して写る二面性の持ち主です!



ガリ版という印刷技法を利用して、靴下やタイツを制作されている方も♪
シルクスクリーンとはまた違い、印刷面が少しぼこぼことした触り心地に仕上がるのが特徴だそうです。
このサザエのぼこぼこ感も、なんとなくサザエっぽくてずっと触っていられます…!



スチームパンクとペンギンを掛け合わせたイラストも!
描き込みが本当に細かくて、着色もすごく丁寧で美しい…
今回は戦国武将バージョンのペンギンたちのポストカードセットもありますよ!要チェック!



全て紹介しきれず大変心苦しいですが、今年も初日から大賑わいの本展。
作家さんたちの海への愛情がたっぷり感じられ、まさに海に潜ったような空間となっております!
そして作品もさることながら、皆さん海洋生物に関する知識が本当に豊富で、とても勉強になりました!
是非作家さんたちともたくさんコミュニケーションを測ってみてはいかがでしょうか♪

本展は4/14(日)まで。

夏に向けて、一足早く海に行きたくなっちゃうこと間違いなしです♪

Twitter:@umitententen

<スペース詳細はこちら>

[EAST 101]

staff kome