Rukmunal Hakim, Elfandiary Deniharza, Kemasacil, Riandy Karuniawan 『‘Singgah’ group exhibition.』

『‘Singgah’ group exhibition.』
Rukmunal Hakim, Elfandiary Deniharza, Kemasacil, Riandy Karuniawan
2018.4.3 - 2018.4.5
space : WEST 1-B


日本のアニメーションをはじめサブカルチャーにインスピレーションを受けたというインドネシアのアーティスト4名によるイラスト作品展が開催中!


2年前、来日したときに偶然デザインフェスタギャラリーを見つけたことをきっかけに、
今回の展示を企画したという代表のRukmunal Hakimさん。
今回出展する4名は、それぞれインドネシアを拠点に活動するアーティスト。
もともとは別々に活動していたそうですが、SNSを通じて出会ったアーティスト仲間だそうです。

4名それぞれの作品を一部ご紹介します!


Rukmunal Hakim            
illustrator
www.behance.net/RukmunalHakim
instagram @r_hakim


赤と青の2色を使い、魅力的な線で描かれる自然は、白磁に絵付けされたような
清楚な雰囲気です。


Elfandiary          
illustrator


細密に描かれる人物は、自然の流線によって分解されていきます。


幻想的なモチーフはリアルとファンタジーが交差する魅力的な作品です。


Kemasacil          
illustrator, visual artist
instagram @kemasacil



ポップな色使いや描写で描かれるキャラクターたちは、みんな生き生きとした表情をしています。
それぞれの性格を感じとることができそうです。
ときおり感じられるトラディショナルな雰囲気も魅力的ですね。


Riandy Karuniawan           
artist
www.riandykaruniawan.wixsite.com/sathar


サイケデリックな配色と独自の世界観から生み出されるインパクトのあるキャラクターたち。
画面はエネルギーで満ちています。


「デザインフェスタギャラリーのフレンドリーな空間を気に入った」と嬉しい言葉をくれた4名のアーティスト。
本展示は4/5まで。
国境を越えて、共にカルチャーを楽しむ感覚の感じられる素敵な展示へぜひお越しください!


『‘Singgah’ group exhibition.』               
Speaking of inspirations, these group of artists definitely has a big chemistry for Japan; from its traditional culture to the pop-contemporary culture. A huge mark of the Japanese traditions always existed in each of their works. Elfandiary, Kemasacil, Riandy Karuniawan and Rukmunal Hakim, are also a big fan of manga and anime. It has never been apart from their life since they were kids. Thus, those visual references influenced their artworks.

In the creation process, there are many other visual references that gradually shifted or mixed with their other references. "Singgah," is an exciting effort for them to remember and to look a bit backward; as a remembrance that the special place in their heart for Japan is always there. The exhibition will be held in Tokyo, the exact origin place of their inspirations. They will also open a communication space with the local audiences, to build a conversation of the mixed cultural artworks they are showing in “Singgah”.



>>> 展示スペースの詳細はコチラから
staff shimada