GOTYA2 『GOTYA2』

GOTYA2 『GOTYA2』
2018.4.20 -  2018.4.22
space : WEST 2-A


11名の作家による「アングラ」の表現が集合!
それぞれの解釈、感性による作品をじっくりご鑑賞ください!



出展作家:

1: みゅう
2: 駕鹿ぱか
3: 梅坂藻庭
4: 不治さ森
5: 3gの心臓
6: きょきょた
7: 豚箱ゑる子
8: 鈴木あんと
9: 夢園りーく
10: あみのにく
11: 大黒屋

今回の展示『GOTYA2』(ごちゃごちゃ)。
主催したのは、鈴木あんとさん。
これまでにもいろいろなテーマを設定して、SNSを中心に参加者を募集し、
グループ展を開催してこられたそう。

「作家さんの自由な表現を大切にしたい」と話してくれた鈴木あんとさん。
今回のテーマは「アングラ」。
アングラの定義は特に取り決めず、出展作家さんそれぞれの解釈、感性で表現された作品が並びます。

展示作品の一部をご紹介!


梅坂藻庭

笑顔で微笑む男性たちにふと発見する流血や謎めいた赤い糸。
ひやっと場面たちに目が離せません。


あみのにく

物語を想像させるあみのにくさんのイラストレーション作品たち。
絵と言葉で「生」を表現しているあみのにくさん。
そのお名前の由来も気になるところ...。


豚箱ゑる子

学ラン姿の特徴的な男子学生たちと危険な雰囲気がたちこめるシーン。
親しみを感じさせるようでもあり、ふと突き放されてしまうような世界に、
思わず魅了されてしまいます。
販売グッズも豊富です。


駕鹿ぱか

駕鹿ぱかさんは会場で作品を制作されていました。次々と壁面に発表されていく作品は、原宿を歩きながら感じたものをそのまま注入したまさにライブな作品たち。
人々で賑わう通りに溢れる独特の色彩や様々な匂いが刺激となり作品となりました。


3gの心臓

繊細なタッチで描かれた3gの心臓さんの作品の数々の中でとびきり小さなこちらの作品。
サイズは小さくても不思議な存在感を放っていました。


不治さ森

フレームなどもはや関係ないといったように大胆にコラージュがされた作品。
作品を制作する際に絵の具が着いた紙も作品に使われています。
彩度の高い色彩がモノクロの人物とコントラストを生んで刺激的です。


みゅう

「生命力あふれる肉」と「かわいい女の子」に魅せられているというみゅうさん。
展示スペースには無数のドローイング、ペインティング、絵も文字も溢れています。
アニメチックなイラストもある一方で中央にはリアルな描写がどん!表現の幅の広さに驚かされます。
手前に写っているLIFE PIZZAも是非中身を覗いてみてください...(!)



以上ご紹介したのは一部の作家さんのみ。
会場にはその他様々なテイストの作品が出展されているほか、
11人の作家さんが「アングラ」X「感情」という共通テーマでそれぞれに制作したポストカード作品も。

アングラ表現に一度に触れることのできる展示会『GOTYA2』は22日までの開催。
是非お立ち寄りください。

>>> 展示スペースの詳細はコチラから

staff shimada