ART ROOTS FESTA 7 『ART ROOTS FESTA 7』 2018.4.27 - 2018.4.29


『ART ROOTS FESTA 7』
2018.4.27 - 2018.4.29
[WEST 1-F]

【出展者】
泉東臣(日本画家)/征矢剛(金属造形作家)/長尾陽輝(日本画家)/長畑璃佳(アーティスト)/Noriko(点描画家)/日比野ユカ(コスチュームジュエリー作家)/本田一誠(水墨画家)/増野雪舟(いけばな雪舟流 家元)/ゆうき慧真(切り絵師)

【楽曲提供】
久保田修/樽見ヤスタカ

『ART ROOTS FESTA』とは、アートプロデューサー・色さんにより発足されたプロジェクト。「アートの根源」のなんたるかに考えを巡らせたとき「自由」そして「純粋に楽しむ心」のふたつを彷彿し、それをコンセプトに企画を継続されているのだそうです。

今回もまた、洗練されたさまざまな作品を通じて「アートの根源」について想像力を喚起させられる展覧会となっています。



多岐にわたる表現がひしめき合う展示室内。濃密な空間が繰り広げられています。
ごく一部になりますが、展示の様子と出展者様の作品をご紹介いたします。



ひときわ目を惹くダイナミックなこれらの作品は、水墨画家・本田一誠さんによるもの。写真ではなかなか伝わりにくいのですが、実物の虎・猫よりもずっと大きな画面に描かれており、その迫力と、視線のつよさや毛並みのやわらかさはあまりにリアルで、水・墨のみで描かれているとは信じられないほどです。



これらの作品は日本画家・長尾陽輝さんによる作品。
日本画の素材や技術を駆使しながらも、その構図にはどこかポップで親しみやすい雰囲気もあり、非常に独創的な風合いが漂います。本展のコンセプトのキーワードともなる「自由」「楽しい」という言葉が頭に浮かび上がりました。



本作は金属造形作家・征矢剛さんによる作品。
一見美しい蜘蛛や昆虫の彫刻のようですが、なんと、上部の作品はギターのアンプとして、下部の作品はレコードプレイヤーとして実際に音を流すことができるのです。
造形物としてももちろん、実用性を持ち合わせたデザインとしても楽しめる作品です。


初期衝動的な表現からはすこし離れたベテラン作家様ならではの洗練された技術におののきながらも、その根底にはどの方も自由に制作を楽しんでいらっしゃるということを痛感し、アートの面白さ、また、可能性を思わせられる空間です。

「作品の質を上げ、展覧会の敷居を下げる」ことを目指し、作品やアーティストを紹介しつづける色さんだからこそ実現できた圧巻の展覧会。
早くも本日が最終日です。ぜひご高覧ください!

official HP / twitter

>>> 展示スペースの詳細はこちらから

DESIGN FESTA GALLERY 原宿
Staff satomi