木原大輔/大橋奈緒美/山口和子 『凸凹3人展』




木原大輔/大橋奈緒美/山口和子
『凸凹3人展』
2018.4.29  -  2018.5.5
at EAST 102

木原大輔さん、大橋奈緒美さん、山口和子さんの三人による
三者三様の絵画作品展。
タイトルの『凸凹3人展』の真意とは。






こちら3人のうちのひとり、木原大輔さんの作品。
キュビズムのからの影響と思われるコンポジションが印象的な作品と、写実的な風景画が混在して引き出しの多さをうかがわせます。

『凸凹3人展』は大学のゼミの同期だった3人によるグループ展。
3人は学年こそ同じものの、65歳で再び美術を学ぶために大学に入り直したという山口さんがウンと上。そんなわけで『凸凹』という言葉が使われているのだそうです。




つづいて大橋さんの作品。
サイケデリックな色彩と、こちらも西洋絵画の影響をうかがわせる作品です。

ここまで作品を紹介してお気付きの方もいるかもしれませんが、今回の作品はほぼすべてスクエアのキャンバスで描かれています。

これは3人で展示をやるにあたっての共通の課題のようなもので、3人が思い思いに取り組んだ作品が並んでいます。




最後に紹介するのが最年長、山口和子さんの作品。
山口さんの作品はこれまでのお二人と対照的にミニマルな組み作品となっております。




真ん中の緑が印象的な作品は、もともとは一つ前の写真の組み作品の中心に据えられていたもの。
展示を観に来られたご友人が、こちらの3連の作品と隣にならぶ9連の作品の、それぞれ中央のピースを入れ替えては?と提案したところ、思いの外しっくり来たのだそう。

たしかにこちらの3連の作品は、中央に抽象的な作品が入ることでアクセントになり、楽譜の三連符のように心地の良いリズムが生まれています。




卒業から時間は経っているものの、美術館に行って作品鑑賞をしたりご友人の展示を観にいったり定期的に交流を重ねたという3人。その過程でさまざまな刺激をもらい、今回の展示に至ったと言います。右から山口さん、木原さん、大原さん。凸凹の3人が織りなす展示は5/5(土)まで!


【出展スペース:EAST 102】
DF STAFF isaka