『ボーイゼンガールズ』展作品紹介 - WEST 2-B編 -



- - - - - - - - - - -
ボーイゼンガールズ展 - BOYS AND GIRLS EXHIBITION -
2017.07.02〜 07.08 (1週間

DESIGN FESTA GALLERY WEST 2階
- - - - - - - - - - -

大人になりきる前の、精神的にも身体的にもこれからな〈おとこのこ〉と〈おんなのこ〉。
成長期を終えてしまった大人たちの関心を捉えてやまない、中性的かつあどけなさが魅力の
少年/少女をモチーフに23組の作家が一挙に集います。
それぞれの作家が捉える少年/少女を堪能できる展覧会!

こちらのブログ記事ではボーイゼンガールズ展「く」〜「さ」ブースの出展作家4組をご紹介します。




「く」ブース カワソエノドカ<男の子枠>



2-Bは総勢4組の作家が出展。
このフロアはすべて<男の子枠>の作品が集まりました。

「く」ブースは4月の最小展にも出展したカワソエノドカさん。
当時も少年の肖像作品を出品してくれましたが、
今回はまた違ったテイスト、どちらかというとさらにクールかつシュールな作品が並んでいます。




この何を考えているのかわからない、それでいて何かいろいろなことを考えてそうな思慮深い視線に思わず釘付けにされます。

表情だけじゃなくうっすらと浮かび上がった鎖骨も、未成熟ながらも造形は完全に男性的なそれで、「思春期に差し掛かる少年」という今回の企画展の主題を象徴しているような作品と言えるかもしれません。



- - - - - - - - - - -


「け」ブース 百<男の子枠>



耽美な印象の左側の作品、ポップアート的なカラーの右側の作品と、ベクトルの違う2種類のイラスト作品を出展している百さんの「け」ブース。

ポップ調の作品の方は真四角ということもあってレコードジャケットにもなりそうな作品です。着ている服や髪型、ポージングなどからまるでかって知ったる友人であるかのように、それぞれの持つキャラクターが読み取れます。部屋に飾りたい。



汗の滲む白シャツ、スクールバッグ、片手にアイスとこれぞ男子高校生!という爽やかな作品。これからの季節にピッタリなシーンです。背景一面に彩らあれた朝顔のせいなのか、それともこの男の子が持つ天性のものなのか、妙に艶っぽく感じます。


- - - - - - - - - - -



「こ」ブース 微々鳴 ミミ<男の子枠>



「こ」ブースの微々鳴 ミミさんの作品は一枚一枚の作品がグラフィカルでスタイリッシュ。ファッションスナップを見ているような感覚です。

個々のモチーフに目を向けると、どの男子にも色気を感じるのは赤のが印象的に用いられているからでしょうか。




物販スペースには展示されている作品をはじめとしたラフスケッチが並んでいるのですが、こうやってみるとすでにこの線画の時点で命が吹き込まれているみたいですね。

画力もさることながら、一連の作品としてのコンセプトを見せるのが上手い。壁面に並べられた完成品からは一つの世界観のようなものがしっかり表現されているように思えます。


- - - - - - - - - - -


「さ」ブース rico<男の子枠>


目力が強いこちらの作品はricoさんによるもの。
しかしこうしてみると2-Bのスペースは錚々たる美男子ぞろいですね……。
まっすぐ前を見据えるさまは自信に満ち溢れています。

あえて肌の色を外したり髪の色を変えたり、平坦な塗りだったり、この写真の作品はレトロポップな爽快感の感じられる作品。




一枚目の作品は凛々しくもあどけなさが垣間見えましたが、こちらは横顔から大人の雰囲気が漂っています。

どこか心ここにあらずと言った表情と、背後から忍び寄る4つの手。
非現実的な風景画一枚絵に凝縮されていて、そこからいろんなストーリーを想像させる不思議な作品です。

instagram


<男の子枠>オンリーというスペースで、ここだけでもかなり濃密な展示空間でした。
大枠の主題は同じでも、ざっと見ただけでもかなりの個性がこの小さなスペースでせめぎあっています。企画展『ボーイゼンガールズ』展は土曜日まで!お見逃しなく〜


【 展示スペース : WEST 2-B 】

written by isaka