ORANGE+ 『それな展』


ORANGE+
『それな展』
2017.7.7 - 2017.7.9
[WEST 1-D]

東京工芸大学デザイン学科 ヒューマンプロダクトコースの卒業生5名による、
日常の「それな」と思うことを形で表現した作品が展示されています。


東京工芸大学デザイン学科を卒業した仲の良いメンバー5人が、
半年前から月一回ぐらい集まって、
一緒に面白いものについて話し合いながら、考え出した「それな」。

今回のグループ展では、人それぞれが思う「こんなものがあればいいな」とか、「これはちょっと不便かも」とか、「もうちょっと面白い暮らしをしたい」とか、日常の中の些細なことまで観察して考えたアイデアを形にした作品が展示されています。


(左)発地琴恵さんの「バランの形の醤油袋」
(中)江田奈美さんの「髪の毛が切れるコロコロ」
(右)田之上亜海さんの「間取りスイッチ」

すっきりとしたレイアウトで展示され、
壁には作品について詳しい説明と写真が貼られ、
それぞれのアイデアで実物化された作品がテーブルに並んでいます。

日常から発想が膨らませられていて、ちょっと面白いアイデアでありながらも、実用性にも繋がっていて、見ていると「それな」と共感が感じられます。


(左)左藤井緑「歩きながら履けるスリッパ立て」
(右)関野真理恵「しずくが楽しみになるコースター」

お邪魔した際に在廊されている作家さんに詳しく説明していただいて、
思わず「あるある」と共感するものが沢山あります。
実際に販売されていたらとても便利そうなものばかりで、生活に密接されたその親近感がとても魅力的だと思います。



展示は本日まで!
原宿に来られた際に是非、
ふと「それな」と共感を感じられるデザインに巡り合いにきてください♪

会期:2017.7.7  -  2017.7.9

次回はこのメンバーでどんな作品やアイデアが見れるのか、今から楽しみです^^

【展示スペース:WEST 1-D】
Staff jessie