添田 萌未 『ソエダメグミ』


添田 萌未
『ソエダメグミ』
2017.7.29 - 2017.8.1
[WEST 2-B]

武蔵野美術大学造形学部 空間演出デザイン学科生の添田 萌未さんによる初個展が開催中!
日々撮りためてきた写真と気ままに描いたドローイング作品をどうぞご覧ください。



こちらの絵画作品は、
2017年5月1日に同級生の二人と一緒に作られた「amata.」というグループで、
アトリエを借りて月に一度、三人で12時間をかけて、
ドローイングをするという企画だそうです。

アートを色々楽しんでいるようなイメージが伝わってきます。


小さな紙に描かれたドローイングも、そのラフ感が良いですね^^


今見てもふと微笑んでしまいそうな、
日常の中の非日常的な日々の思い出が全て、
一枚一枚の写真の中に閉じ込められています。


日記のような、添田 萌未さんの目から見た世界を是非ゆっくり味わってみてください。



会期中に無料で似顔絵を描いてくれるそうですよ〜♪
添田 萌未さんの独特な世界観で描かれた似顔絵も飾られています。

展示は本日が最終日!
是非ぜひ遊びにきてくださいね^^



-出展者-
添田 萌未(1997年生まれ 20歳)
2016年 武蔵野美術大学造形学部 空間演出デザイン学科入学
2017年5月1日同級生3人でamata.としてアトリエを借り、
月に一度12(24)時間ドローイングを企画。
ルールは何も食べず寝ずに描き続けること。
普通の公立高校から美術大学へ進学したことによって変わった日常は非日常のような、
非日常のなかの日常なのか、曖昧な日々の活動経過。

https://www.instagram.com/soeda_da_souda/




【展示スペース:WEST 2-B】
Staff jessie