使い捨てカメラ展 【 「か」〜「こ」ブース 】


『使い捨てカメラ展 - DISPOSABLE CAMERA EXHIBITION -』
2016.10.16(日)〜 10.22(土) 1週間
11:00〜20:00 ※最終日は19:00まで
DESIGN FESTA GALLERY EAST 101分割スペース(計23スペース)

『思いどおりにいかないもどかしさも、偶然の一瞬も、ぜんぶ楽しもう!』

近年盛り上がりを見せる使い捨てカメラにフォーカスした、使い捨てカメラオンリーの企画展『使い捨てカメラ展』。

フィルムならではの味わいと手軽さゆえの軽快な構図、さまざまな視点から捉えた写真がたくさん並んでいます。

今回はその展示の模様の一部を紹介!
「か」〜「こ」ブースの作品をご覧ください。



朱 /『か』ブース



写ルンですを文字った「好きナンです」のロゴが印象的なこちら。
日常のあらゆる場面から切り取られた記録の数々は、時より挟み込まれる原色が鮮烈に脳裏に焼き付きます。

シャッターを押す瞬間は無意識でも、こころのどこかでそういうシーンに目が向いてしまうような、そんな連続性を感じます。




光を印象的に捉えた記憶の断片。
自分もかつてこの景色の中にいたのかもしれない、そんな気持ちにさせてくれます。


Twitter:http://twitter.com/maddercopper

キリンヒヨコ / 『き』ブース



キリンヒヨコさんの作品は「スキマ」に着目したコンセプチュアルな組作品。
一つひとつの写真が、まったく違う2つの景色を合成することによって構成されています。




ともするとただ通り過ぎるだけのさまざまな『スキマ』が、まったく別の場所で撮られた記録を大胆にも挟み込むことで可視化されている。
どちらも同じ使い捨てカメラで撮影された写真なので、不思議と景色に馴染んでいます。

こういう視点を持っていると、街を歩くのが楽しくなりそうですね。


WEB:http://kirinhiyoko.tumblr.com

K3 / 『く』ブース



こちらK3さんのブースでは日本国内や台湾などで記録された写真がアトランダムに展示されています。
どちらで撮られた写真も赤色が印象的。

こうやって不規則に写真が並べられるとついつい顔を近づけて一枚一枚に真剣に見入ってしまいます。
それも手軽にバシバシ撮れる使い捨てカメラの特徴ですね。




中央に位置する電話ボックスの写真は特に印象的。
夜の室内灯に照らされて温かみのある色味を帯びています。

隅田川やすこ / 『け』ブース



中学高校と使い捨てカメラを持ち歩いていたという隅田川やすこさんは、その当時撮りためた写真を中心に展示。

デジタルカメラで撮った高画質な写真と比べると、使い捨てカメラを始めとしたフィルムの写真ってなんとなく「昔の思い出の写真」感が出ますよね。
キレイに写り過ぎるとまるでいまさっき撮ってきたかのように見えてしまったり。
そんなことを思いました。




『授業中にこっそりと写真を撮るのにはまっていて慌てて撮ったいくつかのもの。』

頼りなくも聴こえる使い捨てカメラの「カチッ」というシャッター音は、
授業中であっても周りの音に紛れるくらい、良い意味で「安っぽい」。

だからこそこういった写真も撮れちゃうんです。


Twitter:https://twitter.com/okarinaaa

いなばみちる / 『こ』ブース



A4サイズのプリントとL版のプリントが整然と展示されているいなばみちるさんの作品は、構図や全体を構成する色味から規則性を見ることができます。

抽象的なイメージゆえ、静かに、写っている景色の中に自分が佇んでいるさまを想像できます。




同じ空の青でもこんなに見え方が違ったりする。
想定外の発色も楽しめるのが使い捨てカメラの一番おもしろいところですね。



『使い捨てカメラ展』は10/22(日)まで、EAST館101にて毎日開催中!
ぜひ、足をお運びください!

【展示スペース:EAST 101】
DFstaff isaka