使い捨てカメラ展 【 「な」〜「ぬ」ブース 】


『使い捨てカメラ展 - DISPOSABLE CAMERA EXHIBITION -』
2016.10.16(日)〜 10.22(土) 1週間
11:00〜20:00 ※最終日は19:00まで
DESIGN FESTA GALLERY EAST 101分割スペース(計23スペース)

『思いどおりにいかないもどかしさも、偶然の一瞬も、ぜんぶ楽しもう!』

近年盛り上がりを見せる使い捨てカメラにフォーカスした、使い捨てカメラオンリーの企画展『使い捨てカメラ展』。

フィルムならではの味わいと手軽さゆえの軽快な構図、さまざまな視点から捉えた写真がたくさん並んでいます。

今回は大きめのスペース設定である「な」〜「ね」ブースの作品をご紹介します!
広々とした空間を生かした作品をお楽しみください!




本藤太郎/「な」ブース

『Pulp Non-Fiction』


カメラに記録された日常の「記憶」。
時に曖昧に、時にダブり、時に破られ、大量のコピー用紙に印刷されています。
カラーをモノクロにしたという黒色は柔らかく、砂のようにサラサラとした質感。

カメラマンとして仕事をしながら、写真をはじめ様々な媒体の作品を発表している
現代芸術家でもある本藤さん。
人々の記憶や痕跡、意識などをテーマに制作をされています。
タイトルの『Pulp Non-Fiction』は“質の低い紙に印刷したスナップ”という意味。
フィルム写真をプリントするという工程と、コピー用紙にインクをのせて印刷する
工程はとても似ているそうです。
制作過程、作風、タイトル…ひとつひとつに意味を織り交ぜた、迫力の作品。

YOUTUBE:https://www.youtube.com/channel/UCQxfEM3mkGNIGMo03L-L_iA

たなかのりこ/「に」ブース


女の子をモチーフに制作をされているたなかのりこさん。
今年の春には個展とグループ展でもご出展いただいています。
 ※【個展】『たたずまい』 たなかのりこ
 ※【グループ展】『Secret2 -羽山、カメラやめるってよ-』

「200枚以上撮って、満足できた作品はこの一枚」とおっしゃっていたのは、
雨粒のなか、カラフルなレインコートから最上級の笑顔をのぞかせる女の子の姿。
ポイントは(モデルの)彼女の一番自然体の姿が撮れたこと。
今まではばっちりと演出をしていくスタイルだったたなかさんですが、
今回使い捨てカメラで撮影を重ねていくうちに、「自分が撮りたかったものは
こうした自然体の女の子の姿かもしれない」と思い至ったそうです。
展示会ごとに新しい道を拓いていくたなかさん。
いろいろな経験は「すべて写真のため」と言い切る、とてもかっこいい女性です。

うわのそら/「ぬ」ブース


“うわのそら”は武蔵野美術大学でデザインを学ぶ、倉地詩織さん、増田晴菜さん、
丸山博子さんからなるグループ名。
授業の中で写真を扱った経験から企画展への参加を決めたそうです。

スペース左側は横一列で3人の作品が並んでいて、遠目でみると同じ人物が撮影した
ような雰囲気ですが、近づいてみると一枚ずつそれぞれの個性がきちんと出ています。
右側は3人の作品を混ぜあわせた展示で、ぼやけたモノクロとの組み合わせが
心地よいリズムを生んでいます。
「特別な写真は一枚もありません」とありましたが、
記録された風景はスタイリッシュでひとつひとつ絵になるものばかり。
彼女たちの視点の置き方、大変興味深いです。

高橋 えぽ/「ね」ブース



大好きな妹さんを撮影した、高橋えぽさんの作品。
えぽさんは「一方的な愛情(笑)」とおっしゃってましたが、作品をみれば
お互いにとても信頼し合っている素敵な関係なんだとすぐわかります。

ポージングや距離感も、気心が知れた仲良し姉妹ならではのもの。
ふっくらとした白いボール紙に印刷したり、額に施されたデコレーションは
柔らかな作風にとても合っていて、妹さんの魅力を最大限に引き出しています。
見ているひとたちも絶対妹さんを好きになってしまう、愛情あふれる作品。



こんな表現もできるんだ!とわくわくしながらお話を聞いていました。
今回展示自体が初めての方もいらっしゃるのですが、
みなさんセンスが良く、初展示とは思えないほど。

『使い捨てカメラ展』は10/22(土)まで開催中です!
多彩な表現方法にびっくりするはず。ぜひご来場ください〜!


【出展スペース:EAST 101】
DF STAFF nakagawa