長谷川圭佑 『少女寫集『夏展』』 2016.10.21 - 2016.10.23

長谷川圭佑
『少女寫集『夏展』』
2016.10.21 - 2016.10.23
[EAST 302]

まるで小説を読んでいるかのような気持ちになる、長谷川さんの写真たち。
様々な物語に出会える展覧会の様子をご紹介します。

前回の展示から約半年。今回は夏をテーマに、関東の様々な場所で
撮影された少女たちの様々な表情をに出会うことができます。


瑞々しさ
秘密
不安
未熟
長谷川さんの写真からはまるで小説を読んでいるかのように、
いろいろな言葉とイメージが紡ぎ出されていきます。


キャプションや文章で作品への思いを伝えることはできる。
しかし彼の作品は決してそういった余分な説明やおしつけは無く、
写し出された画面から、作品自身が物語ってくれるような魅力があります。

見終わった後には、いくつかの物語を見終えたような満足感と、
次もはやく見たい!という欲求とに満たされていきます。




日差しが眩しいのか少しだけとじられた目元は、睫毛が目にかかり艶のある絶妙な表情。
透明感あふれる少女の、細かい造形が見事に写し出された一枚です。


個人的に好きな一枚。荒廃感漂う山の中に倒れ込む女の子。
いたいけな少女と荒れた山とのコントラストがとても強烈に胸を打つ作品でした。

これまでの軌跡が伺える長谷川さんの写真集の販売コーナー。
右端が今回の新作、「夏展」です。

残念ながら展示は本日まででしたが、今後の活動は長谷川さんのウェブサイトからも
確認いただます。
ぜひチェックを!


長谷川圭佑 公式サイト
Twitter

【展示スペース:EAST 302】
DFstaff ASUKA