後藤智美(nerokas) 『1/4』


後藤智美(nerokas)
『1/4』
2016.9.16-2016.9.22
[WEST アートポケット]

タイトルの「1/4」は25歳記念=四半世紀というところから。
nerokas(ネロカス)とはフィンランド語で“独創的な”等の意味を持つそう。

25年間の経験と感情が、布と糸をベースに、絵具、写真など、様々な素材で表現されています。




生い立ちや創作活動をはじめたきっかけ、日々の想いを表した作品たち。
すべて独学で制作をされているそうです。
隣には、作品制作の背景が真っ白なカードに手描きで綴られています。

「きっかけ」
最初はデザイン系の仕事に就くべく就職活動をするも、なかなか採用とはならず。
ストレス発散のために都会の服屋めぐりをしているうちに、現在のテキスタイル分野へ
興味をもったそうです。
今は写真関係の会社でお仕事されていることもあり、都会の写真と布を融合させて
制作をされたそうです。

「左利き」
生まれつきのクセを矯正された思い出。
文章で見ると少々衝撃的な光景が浮かんでしまいますが、
後藤さんは自身を形成するひとつの出来事として受け入れ、
自分の作品としています。


今回、設置されている名刺はすべて手描きでつくられたもの。
名刺作成の際にトートバックを下に敷き、その絵具の痕跡も、ひとつの作品としています。


一点一点丁寧に想いがこめられ、限られた点数でありながら長く見ていたくなる作品ばかりです。
コンプレックスを受け入れて、さらに作品として表に出す。実はなかなか難しいことです。
繊細だけれど、強い。
今後の活動も楽しみな後藤さんの展示、まずはぜひ会場でご覧ください。


http://instagram.com/mimotoutogo5638

 



【出展スペース:WEST アートポケット】

DF staff nakagawa