Photographer Charis 『Stillness in Time(時の中の静寂)』

Photographer Charis 『Stillness in Time(時の中の静寂)』


写真集出版を記念した、フォトグラファーCharis(カリス)さんの初となる個展。
彼がアメリカで撮り下ろした様々な作品を楽しむことができます。
ダイナミックな作品ながらも不思議と穏やかな印象を受ける、展覧会の様子をご紹介。



長いことフォトグラファーとして活動されてきたカリスさん。

個展を開催するのは以外にも今回が初めてとのことですが
そうとは思えないほど展示に手慣れた印象を受けます。

考えながら撮るのではなくフィーリングで、肩の力を抜きながら撮影された
作品たちはダイナミックな構図ながらもどこか飄々とした佇まいをみせています。


ここを見てほしい、こういう思いで撮ったなど、いわゆる「主張する写真」の
撮り方はしないというCharisさん。

なるほど、作品からは押し付けがましいような主張などは一切感じられず
どこに飾られても馴染むような不思議な存在感があります。

そうでありながらも人を惹き付ける美しさを持った写真たちは
ずっと眺めていても飽きることがありません。

邪念なく撮影され、余計なものが削ぎ落とされたピュアな面を持つ作品たちは
時間を忘れさせてくれ、ヒーリング効果すら感じるほどでした。


 個性的な額も素敵な写真作品。
写真と合わせて額のデザインも楽しめるおもしろい展示です。


NYCの写真はモノクロが中心です。
何気なく撮られた写真といった感じですが、とってもNYに行きたくなりました・・・


言わずと知れたタイムズスクエア。
NYのタクシーとアラジンの広告だけに色彩がのった特徴的な作品。


アメリカにあるバーミリオン・クリフス国定公園。
巨大な岩の形状や模様の圧倒感もさることながら岩と空との色のコントラストも美しい。


展示作品は全て販売されております。写真集の他ポストカードも販売されていました。
ちなみに私、スタッフ村上も購入いたしました。展示作品はもちろん、写真集には
まだまだ魅力的な写真が盛りだくさん。買って損無しの一冊です。

展示は明日8/15まで。
ご本人も在廊されておりますのでお話などされてみてはいかがでしょうか^^
ご来場お待ちしております!

今後の活動については下記リンク先にてご確認ください。
ウェブサイト
Instagram
Twitter

【使用スペース:EAST 101-b】

DF STAFF ASUKA