『やがて思い出す明日』マシュー/かえれちゃん/むくむくしたけもの



 『やがて思い出す明日』
 マシュー/かえれちゃん/むくむくしたけもの 
 2016.7.15 - 2016.7.18
 [EAST:204]

 わたしたちには「覚えててほしいことがある」。
 それはあの頃であったり、あの気持ちだったり、あの人であったりする。
 もしかすると、わたしではない、わたしの欠片かもしれない。

 拙いありふれた世界の欠片を目の端にかすめただけの今日の日を、あなたは「忘れる」だろう。
 しかし明日のあなたは「変容」している。そしてやがて思い出す。
 そこにわたしたちは居ます。

SNSやイベントを通じて知り合った3人による展示会。
3人の描く世界は、明日、誰かの記憶のなかでどのように思い出されるのでしょう。


マシュー

「寄り添わない」

 小さいころから側にいる、大切な悪魔の女の子を中心に描いています。

悪魔の女の子の世界は、きっとたくさんの感情を共にしてきた、マシューさんの心の内と
同じ世界。
大切だけれど、寄り添わない。印象的な一枚。

かえれちゃん

「萌え教育@赤ちゃん」

 2000年前半の萌えを表現し、伝えていきたい。ダサいおたくが活動しています。

ちょっと懐かしさを感じる、“萌え”という言葉の先駆け的存在を描くかえれちゃんさん。
現代的な“萌え”にはない、熱気と真っ直ぐさを感じます。

むくむくしたけもの(a.k.aむくけも)

αケンタウリ生まれ。日本在住。
 主に瞳のない少女を描く。
 どこを見ているかわからない、どこも見ていないようで、あなたを見ているかもしれない。

真っ白な瞳に何が映っているのかはわからない。
可愛らしい佇まいと興味のなさそうな表情のギャップ。
わからないからこそ膨らむ期待と妄想が、甘く、柔らかに、ちょっと切なく描かれます。


ちょうどスペースやグッズ販売の棚が3等分されていて、3人がルームシェアしている
部屋に訪れたような気分に。

 私たちは明日に何があるかを知っている。
 あなたにもそれは伝えてある。
 心配しなくていい。あなたはやがて思い出す。
 (会場内キャプションより)

「忘れないで」ではなく「覚えててほしい」という願い。
そんな慎ましさとは真逆のような、見えない自信に満ちた言葉が印象的深くて、
私もこの言葉とともに、少女たちの姿を思い出すのだろうなと思いました。

展示会は7/18(月・祝)まで。
忘れられなくなる少女たちに、会いに来てみませんか?

http://xxyoka.wix.com/yagate

https://twitter.com/_yagate


——————————
マシュー
https://twitter.com/_msux

2015
-はしわたし(むくむくしたけものさんとのふたり本)/ COMITIA113
-証明 / COMITIA113
-変缶する作品展 / The Artcomplex Center of Tokyo
2016
-げんじつこわい(合同誌主催)/ COMITIA115
-関心の分離/COMITIA115
-おいしいごはんの本/COMITIA116


かえれちゃん
https://twitter.com/mahowokakete

2015
-ロジカルアートスクール展
2016
-第一次創作アート展
-やがて思い出す明日
-オンライン展


むくむくしたけもの
https://twitter.com/mukukemo

2015
-『自宅個展(常設)』むくむくルーム展示壁/N.H.City
——————————


【出展スペース:EAST 204】

DF STAFF nakagawa