まみやまみの個展



まみやまみ 『まみやまみの個展』
2016.6.10 - 2016.6.12
SPACE : EAST 102 

コンセプトは、「きっかけのきっかけ」
本展示会では、色や線を引こうとした
“きっかけ”  をふりかえります。

まみやさんは、アクリル、顔彩、鉛筆、ボールペン、クレヨン等の
画材を用いてドローイングを制作されています。




「クジャク」
ボールペン、色鉛筆、スチレンボード

三年半もの製作期間をかけたという本作。
その制作過程、色を加えた瞬間に、
クジャクは感情表現を変えた、と記されていました。

求愛をいう時期に拡げられたその羽根は、
表面的な装飾という意味に留まらず、
オーラまでも解き放っています。

禍々しいその瞳にもご注目ください。


「つぶつぶシリーズ」
ボールペン、画用紙

画用紙内で行き場を求めて彷徨う小さなつぶたち。
作家は彼らに勢いと意思を感じているようです。

つぶは近接し密接することで、
やがて、固まりとして認識される、
ひとつになれる。

それまでの過程を取り上げた作品とも言える。


「 colorful 毬 」
顔彩、竹和紙

点を打つ。
色を置く。

この行為から見えてくるイメージを元に、
着地点が決められた作品。

何らかのきっかけから、
点と点の繋がりに、
意味を見いだし、より近づけ、紐づける。

星座をイメージすると近い。


「山葵」
ボールペン、画用紙

まみやさん、ご実家では山葵(わさび)が採れるそうです。
山葵を採った過去に感じた・気付いた、
川や風や鳥たちの音、
香り、視覚らが鮮度良く描かれています。

額の背後には青い生地が垂らされて、
その水辺で活きる山葵に手を伸ばしたくなる。


「額のない絵たち」
きままなさかな、passion、五感


額装、その主な目的は作品の保護と美観の付与に他なりません。

些細な、一瞬のきらめき。
みんな気付いていないかもしれない、
そんな発見を絵として留め、
布の上に寝かせていらっしゃる。

重力に抵抗しない、素直な展示方法。

※こちらの作品は触ることが許可されており、
鑑賞者がより身近で作品を楽むことができます。


日常の延長線上から選び取られような、
テーマ・モチーフの並び。
鑑賞を通じて自らの内側に気付きが生まれる、
その “きっかけ” になれば良い。
そんな想いが形になった展示会でした。

まみやまみ 『まみやまみの個展』
2016.6.10 - 2016.6.12
SPACE : EAST 102