セキネアユミ 『ショウカ』

「重たい感覚」


セキネアユミ『ショウカ』
2016.6.6 - 2016.6.8
WEST : 1-A SPACE

カタカナで装飾された展示タイトル『ショウカ』

消化・昇華・消火
タイトルが定義する意味・意図は、
いったいどれほどの範囲を示すものであろうか。




「いとつむぎ」


セキネアユミさんが描いたモチーフは、
外見的特徴や印象からして、
会話を必要としていないのでは?と考える。

例えば本作は人物の首から上の部位のみ描かれている。

私たちが思うありふれた風景とはほど遠く、
しかし、モチーフからしたら身近な出来事であろう。
だから「なぜ」と語りかけるのは遠く、
その造形や佇まいに対して、純粋な投げかけを行おう。



「ループ」


土なのかコンクリートなのか、
「めり込む」と「流れる」の中間あたりかなと思う。
寝そべった体制を意識した頃には、
強く吹く風を見る。

さてループとはどのような形であろうか。
山手線みたいなものか?
運動場のトラックだろうか?

両方とも大まかなルートが示されているのには変わりないが、
少々アプローチに幅を持たせられているのが後者で、
それは似ているようで、結構自由度が高い。



「ことばの花たば」


ねじり縛った髪と首もとの赤いリボン。
モチーフが花たばに見立てられている。

本作を束ねるに大きく活躍したのは、
間違いなく、タイトル(言葉)

私たちが「言葉を必要としないものたち」に
触れるために、消化するために。


かといって、言葉で作品を捉える必要はない。
ほど遠い出来事だから、
自らの理解の範疇におさめるのは無理があるし、
勿体無い。

ジレンマをかかえたテーマ、作品であるように思う。
しかし、人間らしく、それが良い。

セキネアユミ『ショウカ』
2016.6.6 - 2016.6.8
WEST : 1-A SPACE