愛リカ酸、イズミ


愛リカ酸、イズミ
2016.5.16 - 2016.5.22
[WEST1-D]


過食による葬式をコンセプトにした独特な世界観を魅せる、
作家のイズミさんの個展をご紹介します♪
どうぞご覧ください。


この展示は一人のある架空の少女に捧げられたものである。

金色とピンクに彩られた短い一生を送った少女にささげられたものである。

「tomomuraiten」という展示タイトルはその名の通り「お弔い」のことで、

この展示は少女の盛大な弔いであり、回顧展なのだ。




多摩美術大学在学のイズミさん、
初めての個展となる今回は、
「otomuraiten」をコンセプトにした作品を展示しています。


じっくり鑑賞したくなるほど、
毒々しく魅惑的な雰囲気が感じられます。
癖になる絵柄ですね!




【理想的な現実】





スペースを活かし、過食による葬式を演出しています。




肉の色で作られたドレス。





結婚は人生の墓場であるのなら

ドレスは私の肉となる。

抗えぬ重力とともに。










テーマは「百人の私の友達」。
その独特な曲線で描かれた人物イラストに目が離せなくなりました。
憧れの細い顎とスリムなスタイルの女性のイラストが壁一面に変則的に貼られています。




クールでおしゃれな女性ばっかりで素敵!




さりげなくオシャレな眼鏡女子。
個人的に一番お気に入りの一枚です♡
ほかにもたくさん個性的な女性のイラストがありますのでどうぞじっくりご覧ください。




イズミさんとイズミさんのイラスト作品群。
良い写真いただきました♪ありがとうございます!



会期中にアートポケットで展示しているTanyaさんと仲良くなって、楽しそうな一枚のショット!
Tanyaさんもお気に入りの一枚の作品を購入したそうです♪

展示は明日が最終日!是非週末の最後の日に遊びに来てくださいませ~


Izumi Shiho
https://twitter.com/gum77oo


【展示スペース:WEST1-C】
DFstaff jessie