企画展『はらじゅくクラフトフェア』作品紹介その③ [ お、か、き、く ブース ]


はらじゅくクラフトフェア特集ブログの第3弾。
まだまだ個性豊かな出展者さんのご紹介は続きます。

感動するほど精巧なつくりの工芸品や思わず笑っちゃうような愛らしい作品は種々雑多な作品が一度に鑑賞できますよ!

「お」ブース:安部里香/青山恵

織・染織といった日本の伝統技術を継承しながら現代的なデザインを落としこんだ作品を展示販売されている安部里香さんと青山恵さん。

これぞ日本の「クラフト」と呼ぶに相応しい素晴らしい作品群です。


この細やかな織をご覧ください。
この緻密に並ぶ糸から染織されているそうですよ。


日本の最も代表的な染色法である友禅染を用いた作品。
見れば見るほどにうっとりするような美しさなのですが、これを手に取ってみるとまた感動が訪れます。

シルク特有のハリと重み。
是非その手にとって体感して頂きたいです。


作品には用いられた染料、素材が明記されています。
作品へのこだわりが随所に見られます。


こういった作品に触れられることもスタッフ冥利に尽きることだなと思いながら鑑賞させて頂きました。
みなさんにも是非この感動を感じてほしいです。

WEB:https://ateliers6floor.wordpress.com/





「か」ブース:ユキ




クラフトフェアの会場内を見渡すと、一際目立った存在の作品が目に入ってきます。
ブース内にただ一点のみ、この球状の作品が設置された「か」ブース。



星を模したようなこの形状。
ぽつぽつと、木々が植え込まれているのがおわかりでしょうか。

腰を下げて、アイレベルを作品と水平に合わせることで新たな発見が!


小さな木々の上に、これまた小さな作品が乗っかっているのがおわかりでしょうか。
本当に小さいこの作品、現物を見ると驚くこと間違いなし!


「き」ブース:鈴木動物園前


「き」ブースを飾るのは先日「ニコ生」にも出演された鈴木動物園前さん。
今回のために用意された作品は所狭しと並びます。

鈴木動物園前さんの作品の特徴は何と言ってもこの動物たちの愛嬌。
言葉では伝えられないこの愛嬌は手にもってはじめて伝わるもの。


どこかこう、儚いような、切ないような…味がある。
作ろうと思って作れる表情ではないのです。


ああ、、、たまりませんね。

ぼくには彼らの声が聞こえてきます。
みなさんにも聞こえるでしょうか?

「だっこして…♥」

うん、間違いない。


キーホルダーも充実の品揃えです!
お気に入りの子を身につけて下さいませ♪

WEB:http://yaplog.jp/vivazoo/
Facebook:https://www.facebook.com/suzukizoomae


「く」ブース:小さな陶器やさん ぼらがま工房


「く」ブースのぼらがま工房さんのお仕事は「はにわ」。
味わい深いはにわの姿を存分にご堪能下さい。

土の持つ色、テクスチャー、温かみが絶妙にマッチして言葉に尽くしがたい存在感を醸していますね。
まさに手作り工芸品。


出展されているのははにわだけではありません。
実用性の高い平皿、カトラリー、コーヒーカップなどなど、数々の作品が並びます。


はにわの花器。
一輪挿しにして机の上にでも置いてみてはいかがでしょうか。


まだ見習い中だという職人の玉子・ナカジマさん作の陶製ホイッスル。
これがちゃんと鳴るのだから驚きです。

いつかオカリナにも挑戦して頂きたいなと思いました。

Twitter:https://twitter.com/boragamakoubo
WEB:http://ameblo.jp/boragama/


レベルの高い作品が並ぶはらじゅくクラフトフェア。
是非とも多くの方に見ていただきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はらじゅくクラフトフェア 作品紹介まとめ


作品紹介その①  [ あ、い、う、え ブース ]
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/05/blog-post_14.html



作品紹介その② [ け、こ、さ、し ブース ]
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/05/blog-post_25.html



作品紹介その③  [ お、か、き、く ブース ]
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/05/blog-post_3.html



作品紹介その④   [ す、そ、た、ち ブース ]
http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2016/05/blog-post_4.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【展示スペース : EAST101】

chida