『紙とナイフ展 vol.5』

 
 『紙とナイフ展 vol.5』
 紙とナイフ 
 WEST 1-G:2016.3.22-2016.3.22


ペーパーアート・グラフィックデザイナーの
風間孝浩さんと、切り絵作家の滝田佳美さんのユニット、「紙とナイフ」。

箔と紙で描く、上品な光をたたえた美しい世界。
第5回目の今回は、箔と紙のデザイン文具も販売されています!




手前の3枚はペン画、4枚目は切り絵作品です。
細やかな筆遣いながら、圧倒的な迫力を感じます。



切り絵をベースに、レジンでコーティングしたアクセサリー。
落ち着いた色味がとても上品。



こちらは新作のレターセット。
写真では伝わりにくいですが、柔らかな白の紙に型押しされた便箋のラインと、
雪の結晶を模した銀箔がとても美しいんです!!
細部にまでこだわりがうかがえます。



四季をイメージした箔作品。国産の箔を使用しています。
シンプルですが、つぎ目がわからないほどに綺麗に貼られた金、銀、銅箔は
静かな存在感をもって佇んでいます。
国産の箔はとても薄くて、こうしたフラットな加工に向いているんだそうです。
個人的にとても好きな雰囲気の作品。





対してこちらは少し厚めな海外産の箔でつくられた作品。
厚みがある分、化学反応を利用した色づけなどの加工に向いているそう。
秋の落ち葉のような、赤やオレンジ、独特の緑など、カラフル作品に目を奪われます。

職人さんの本や、大学教授の本など専門的な知識を参考に、
それぞれの特性を活かし、実験をくりかえしながら制作に取り組まれているそうです。



材料となっている小さな箔たちも見せていただきました。
ビンに入っている姿、とてもキレイです。。

『紙とナイフ展 vol.5』は本日限りでしたが、
紙とナイフのお2人、真夏のデザインフェスタにも出展が決まっています!
もちろん、ギャラリーでのご出展もまた楽しみにお待ちしたいと思います!!


http://kazama0u0.tumblr.com/






【出展スペース:WEST 1-G】

DF STAFF nakagawa