獨協大学美術部『春彩展』 『獨協大学美術部50期 卒展』


獨協大学美術部
『春彩展』
『獨協大学美術部50期 卒展』
2016.3.5 - 2016.3.7
[ EAST 201, 203, 303 ]

獨協大学美術部による展示会のご紹介です!
在学生の『春彩展』 、4年生の『卒展』。
絵画、陶芸作品を3スペースに渡って展示しています。

『春彩展』 


201では自由なテーマで1~3年生の作品を展示中。
油彩、水彩、ペン画、陶器の作品が並びます。
“春を彩る”という展示タイトルに似合う、鮮やかで初々しい作品がならびます。
















皆さん入部するときに絵画か陶芸を選んで制作していくそうです。
(両方に挑戦する方もいるらしいですが!)
部室に電気窯があるとか!充実していていいですね~


203では「モノクロ+□」展。
モノクロか、モノクロに1色プラスした作品をテーマにしています。


金×黒。重厚な雰囲気をまとう作品。


一瞬、墨で描いたものかと思いました。美しい濃淡。


そびえたつ高層ビル。ぽつぽつと灯る無機質な光に飲み込まれるような感覚。



モノクロ×赤。紙で作られる強いコントラスト。大人びた配色で描かれるあどけない表情の女の子。


『獨協大学美術部50期 卒展』

303では4年生による卒業制作展を開催。
お邪魔するのが遅くなり、作品をすべて拝見することができず…すみません…
写真は最後に一点残っていた作品。
包み込まれるような大きさで、実際に階段を上っているかのような臨場感があります。



獨協大学美術部の皆さま。搬出のタイミングに失礼しました!集合ありがとうございます!


ご卒業される皆さん、おめでとうございます。
これからも何かを創る時間を大切にしていってほしいなと思いました。

また、お待ちしております!


獨協大学美術部

https://twitter.com/artclub_dokkyo


【出展スペース:EAST303】
DFstaff nakagawa