『美術研究会2B卒展』


東海大学文化部連合会美術研究会2B生
『美術研究会2B卒展』
2016.3.21 - 2016.3.23
[WEST2-B]


東海大学文化部連合会美術研究会2B生約8人による、
卒業展示会の様子をご紹介いたします。
一つの空間に、絵や立体物、雑貨など様々な作品を展示しています。
その中の一部の作品をご紹介します。


サカイタツヒロ

赤い傘の下に四季の風景が描かれています。
和の雰囲気を感じる絵画作品。



ヤリタマユ

フォトフレームに飾られた、
ヤリタマユさんのアクセサリー作品。

うっとりしたアンティークな雰囲気がたまりません。




白と黒の仮面オブジェ。
シンプルながらも豪華な雰囲気が感じられます。




染め布作品。
春のこの季節に合いますね。







シロノハツミ

こちらはシロノハツミさんの絵本作品。
飼っているとりさんの日常を観察して、
可愛いとき、面白いときを絵で記録していたようです。



ラフなタッチで描かれたとりちゃんの細かい仕草はとても可愛い。
とり好きな方が読むと共感ができるかもしれません。



面白い日常、ふと笑ってしまう。



シガユウコ

楕円の中に宇宙を閉じ込めています。
いろんな歯車が入っていて、色も模様もとても繊細で綺麗です。
ミニチュアの宇宙を楽しむ事ができます♪

手作り感のあるキーホルダーと小さいケースは
ノスタルジックな雰囲気が溢れていますね。




アニメの画風の男子のイラストの上にアクセサリー。
この展示方法は新しい。



ヤマウチサヤカ

陶芸作品も展示しています。
変則的な形で創られたギザギザのレトロな花と植物装飾用植木鉢花瓶。

さりげなく自由な形と渋い自然な色合いは落ち着きますね。



アリサカノゾミ

チョークで描いた作品です。
輝いてる太陽ような、教会の中から上に仰いだ景色のような。
いろんな想像が湧いています。




【挙旬の果て】加藤大人

遠と近、光と影を強く感じる一枚です。
森の向こうの白い城は、明るく平和な世界のように見えます。



【しらたき】加藤大人

モノクローム写真にしか見えない、リアルタッチで描かれた絵画作品です。
白と黒のシンプルな2色で描いた白滝の風景は、
絵の中から飛び出してしまいそうなほど、インパクトとその迫力を強く感じます。




展示は本日で最終日ですが、
様々な形で作品を生み出すことができるのは、
同じくアートに熱い心をもつ方々が集まる、この美術研究会ならでは!

卒業おめでとうございます!
これからの活躍を楽しみしてます☆ファイティン♪


【出展スペース:WEST2-B】
DFstaff jessie