法政小金井写真部 2016.3.21 - 2016.3.27

法政小金井写真部 2016.3.21  -  2016.3.27

法政大学写真部による「LIFE」をテーマにした春の写真会の様子を
ご紹介いたします。



4月からの新2、3年生が中心となって行った今回の展示会。
LIFEをテーマに個々が感じたことがまっすぐと作品に表れている、
そのように感じる写真作品が並んだように思います。

動物、微生物、都会の夜景、生活の慣習の一コマ、街の風景。
こうしてみると、私達のまわりに「LIFE」は常に寄り添い、存在し、
そしてありふれた、何も特別ではないものであることに気付く。

生きていることや実感というものが希薄になったと言われる現代において、
このテーマをその存在を改めて感じさせてくれるテーマといえる。


ヒトの手のなにげなさ感と猫の必至感の差がかわいらしい一枚。
必至すぎる姿、かわいすぎます。


ごらんのとおり、ひつじです。
人間とは時間の流れが違うんだろう〜と感じてしまうのは私だけでしょうか。


今飛び立とうとするその一瞬の動きを捉えた一枚。
鳥自身の行動に対する確かな意思を感じます。


外国へ訪れた際に撮ったものでしょうか、路上で演奏するバンドマンたちの
いきいきとした様子が伝わってきます。


small lifeというタイトル作品。
普段は目にすることのないみじんこの姿ですが、かれらもこの世界に
確かに生きているのですよね〜。


機械から注がれる眼差しを捉えた写真。
無機質なものから見つめられるという状態、よく考えたら不気味な気がします。


個人的に好きな一枚。
もう、タイトルがすきです。たぬき猫。なんですかね、ドラ◯もんなんですかね。
こうやって、一定の距離を保って見つめてくる猫いますよね。好きです。

展示は本日まででしたが、法政大小金井写真部の活動は下記より
チェックできます^^

http://koganeiphoto.is-mine.net/
Twitter


【使用スペース:101-b】

DF STAFF ASUKA