ちゅーりっぷさんず feat. 魔法少女世代 『ちゅーりっぷ学園ビジュツ部 - 魔法学園からの刺客 -』


ちゅーりっぷさんず feat. 魔法少女世代
『ちゅーりっぷ学園ビジュツ部 - 魔法学園からの刺客 -』
2.16-2.18  at WEST 1-B

このDMが送られてきたとき、どんな展示を想像することがすごく難しかったのですが、
実際の作品とのギャップに驚かされました。

そんななぞのアーティスト集団、ちゅーりっぷさんず feat. 魔法少女世代の展示をちら見せ!




山口夏希 

DMのイメージからは想像出来ない、どこかメルヘンチックな正統派の絵画作品。
そう、それこそがこの展示の本質なのです。


白濱衣

ゲームグラフィックのような世界観が印象的な白濱衣さんの作品。
色鉛筆によってそのすべてが表現がされています。
躍動感と立体感がお見事!


加納実穂

抽象派でありながらもドラマチックに見えてしまうこちらの作品は、加納実穂さんによるもの。
じつは冒頭のDMを作ったのも加納さんだそう。

あえて「とことんまでダサく」作ったというそれと、作者が同じとは思えないくらいのギャップがあります。


伊東成美

思わず目を奪われてしまいました。
伊東成美さんの水彩画作品からは郷愁感が漂い、吸い込まれるようにその風景に佇む錯覚を覚えます。


ナリモト

在廊中、来場者の似顔絵(全身)を描き続けていたナリモトさんの作品です。
即興で描く似顔絵も色彩感覚が素晴らしいのですが、
絵画作品にはダークな世界の中にも美しさや儚さが共存している強度の高い作品。
はっと息を飲む存在感があります。




打って変わってこのイラストは?!
こちらは当館に学校机と学校イスが常設されていると言うことを知ったみなさんが、
学校の教室にあるような楽学を飾ってみようと用意したもの。
またしてもギャップに驚かされました。


同じ大学に通いながら一緒に学外展をやったのは初めてというみなさん。
そう思えない程の素晴らしい作品と、それぞれの持つ個性がギャップとともに存分に楽しめる展示でした!

【出展スペース:WEST 1-B】
DF STAFF isaka