Changmin Lee


 Changmin Lee
 WEST 1-B:2016.1.14 - 2016.1.20

細く長い紙を、布を織るように重ねてつくられたベースに、
粒子で構成された風景をプリントしたChangmin Leeさんの作品。

遠く、近く、見る距離で様々な印象を与えてくれます。






ぎっしりと細く編み込まれた、紙のみでつくられたこちらの作品。
白い紙が作り出す柔らかな陰影と、黒い素材で表現された波状の模様は
主張が強い訳ではないのになぜか印象に残ります。

プラスチックのようなかたい素材に変わると、ぐっとシャープになります。


紙の幅を広くし、さらにファラットな状態に近づけてプリントをのせます。
はなれて全体をみれば、モノクロ写真のコラージュのよう。
思い起こした記憶のような、ぼんやりと懐かしい風景。


近づいて細部をみれば、粒子が広がり、くっつき、重なって構成されている様子が
はっきりとわかり、また違った作品にみえます。

よく見ると粒子の大きさがまばらだったり、ときどき編み目がとんでいたり。
作品から感じるどこか安心する雰囲気は、あたたかみのある紙の素材感と、
規則的なモチーフのようでいて決して規則的ではないつくりが醸し出して
いるのかもしれません。

角度や距離を変える度に見える新しい表情。
じっくりといつまでも見ていたくなる作品です。


【出展スペース:WEST 1-B】

DF STAFF nakagawa