ツキヤマショウタ 『淡碧』


ツキヤマショウタ
『淡碧』
2015.12.27 - 2015.12.29 at WEST 1-A

碧が印象的な写真展が1-Aにて行われています。
出展者のツキヤマショウタさんは現役の高校生。
この部屋で行われる2015年最後の展示は、彼にとって初めての展示となりました。






今回の展示作品はすべて、自身が通う高校の修学旅行で撮影されたもの。
この作品は唯一、班行動中の一幕を収めた作品です。

一月の沖縄。
澄み渡る青空にもくもくと浮かぶ雲、少し色付いた草木が印象的です。




そのほかの作品はすべて、一人で沖縄の街を歩き撮影されたもの。
修学旅行というと基本は団体行動ですが、写真を撮るために一人の時間を作ったそうです。

カメラを手に取り写真を撮影するという行為を楽しむという純粋さが、冬の淋しげな沖縄の風景をドラマティックに見せています。




空の青に続くのは水の青。
水族館に暮らす亀たちを写真に収めた作品です。
沖縄と言えど夏に比べればうんと気温の下がる冬に、暖を取るように寄り集まっています。


今回の作品はすべてフィルムにより撮影されたもの。
フィルム独特の風合いが好き、一つひとつの写真を丁寧に撮れるから好き。物心ついたときからデジタルカメラがそこにあるという世代のツキヤマさんがあえてフィルムで写真を撮る理由は、そこにあります。




現在高校3年生のツキヤマさんは来年の春に高校を卒業し、写真の専門学校に進むことを決めたそうです。
四六時中写真に取り組める環境が楽しみで仕方ないと話すツキヤマさん。その目からは写真に対する真摯な姿勢や確かな熱を感じとることができました。

カメラを手にしてこれからどんな場所に行き、どんなことを感じ、どんな瞬間を切り取るのか。
一人の写真家の『これから』が楽しみなる写真展でした。



ツキヤマ ショウタ
http://Instagram.com/shota_tsukiyama


【使用スペース:WEST 1-A】

DF STAFF isaka