さくら亭拡張工事の記録〜ハロウィンからメリークリスマスへ〜


アーティストや来場者の方々はもちろん、外国人観光客のみなさんや買い物客など、原宿を訪れるすべての人々の胃袋をつかんで離さないザ・ジャパニーズお好み焼きレストラン・さくら亭。スタッフのギャラリースタッフの僕ももちろん、風に乗って流れてくるにおいに四六時中食欲が刺激されながら業務にあたっております。

WEST館とEAST館のちょうど真ん中に位置し席数も豊富で、展示の打ち上げにも利用されていることでもおなじみ。

そのさくら亭がこのほど拡張されるということで、現在デッキ部分で工事が進行中です。
昨日の時点で8割ほどが完成し、あとは細かい部分の調整を残すのみとなったので、新しくなったさくら亭の一部をちょっぴり公開します!





こちらは10月28日時点でのエントランス部分。メインの工事はデッキ部分ですが、実はこちらもリニューアルされる予定です。アフター写真は最後に。


今回拡張される部分がココ。EAST館とさくら亭の溝にあたる場所です。
この日の時点ですでに床材が敷かれています。
ハロウィンシーズンなので店内のジャック・オー・ランタンがカメラ目線をくれました。


上から見るとこんな感じ。
お好み焼きテーブルを横に置いて1台分ぐらいの幅でしょうか。


10月31日になると拡張されたデッキに色づけがされました。
こうやって自然光が降り注いでいるとオープンテラスのカフェみたいですね。
この日でハロウィンが終わっちゃうのでジャック・オー・ランタンはそっぽ向いちゃいました。


店内から見るとこんな感じ。


工事も山場を迎えた11月4日。いつものようにいそいそと撮影に向かうとある変化が。
なんとさくら亭のロゴマークが鮮やかな桜の紋様に変わりました!


役目を終えた旧ロゴ。お疲れ様でした。


工事はラストスパート。仕上げにルーフを拡張する工事のまっただ中です。


工事の行く末をえびす様に見守られながら迎えた11月11日・・・


外観がほぼ完成!
テーブルも設置され広々としたスペースに生まれ変わりました。



店内からのアングル。
白い壁に日光が反射して昼間はすごく明るいです。
気付けば季節はハロウィンからクリスマスへ。


どれだけ広くなったか、一目でわかります。


そして最後にエントランスです。
両サイドの壁面が白く塗装されました。
それはまさに真っ白に広がる巨大なキャンバス。
近い将来,この壁面に新たなアートが生まれるかも・・・?