『句読展』 シモダ アツシ、 Hiro Muller、 じんたん



 『句読展』 
 シモダ アツシ、 Hiro Muller、 じんたん
 WEST 2-E:8/21-8/23

写真を撮りはじめて約1年となる、シモダアツシさん、Hiro Mullerさん、じんたんさん。
成長の節目を表す、3人の展示会をご紹介します!


写真教室に参加したことで知り合った、Hiroさんとじんたんさん。
じんたんさんとTwitterがきっかけで知り合ったシモダさん。
年齢も職業もばらばらな3人が作り上げた初の展示会では、示し合わせたわけではなく
偶然にもポートレイト作品が集まったそうです。

 Hiro Muller



セピアがかった、ダークトンーンを強調した独特の色味。
少しぎこちない表情でこちらをみつめる女性。
レンズフレアによる光の輪のなかに佇む姿に神聖さを感じます。

被写体の女性はご友人だそう。
プロのモデルさんではできない表情が、Hiroさんの世界観ととても良く合っています。

 じんたん



太陽の光が眩しい浜辺で波と戯れる女性。
微妙な距離を保ちながら、日が陰るにつれて遠く離れていくよう。
ひと夏の切ない想い出が、海と女性と白いワンピースで表現されています。

 シモダ アツシ


とびきりの笑顔の合間にみえる、はにかんだような表情。
付き合って3ヶ月目という彼女をおさめたシモダさんの作品。
近すぎず遠すぎない微妙な距離感がとても初々しい。

シモダさんのプロフィールには「私が撮り続けたいと思うものを見つけました。」
というひと言が。
これから二人が重ねていく時間のなかで、どのように変化していくのかがとても
楽しみな作品です。



まだ始まったばかりの3人ですが、それぞれ写真が好きで、真摯に向き合っている
ことが伝わる展示会となっています。
最初の句読点、区切られた次はどんな展開が待っているのか。
『句読展』は明日が最終日。ぜひ会場でご覧ください!


【出展スペース:WEST 2-E】

DF STAFF nakagawa