『何ものでもない私たち』

『何ものでもない私たち』
 うえき/木村有輝子/中嶋健 a.k.a. ナスティーフェイス/松本芽依/ミヤノカオリ
 EAST 301:8/27-8/30

  母でもない、父でもない、貴族でも、奴隷でもない、犯罪者でもない、社会人でもない、ない、ない…。

学生という「今」を表現した、ひとつの部屋。
多摩美術大学で油画を専攻する5人によるグループ展のご紹介です!



窓から差し込む光、いくつも飾られた作品、制作途中のライブペイント…
低い小さな机がちょこんと置かれたくつろぎスペース。
“画学生の部屋”をコンセプトに作られた空間。

カーテンのように窓に彩りを添える作品。
素材集めから記録した映像も流れています。


しっかりと作り込まれたポートフォリオ。展示中の作品もありました。
インスタレーション作品の記録や作品の物語が書き込まれてあり、読み応え十分。
一冊ずつ鑑賞するのに、カーペットはとても良い環境になっていました。




パッチワークをイメージして壁一面にならべられた5人の作品。
大きな作品のあいだをぬうようにして展示されている小さな版画やドローイングも
ひとつひとつが素敵です。

ライブペイントは一人ずつ、一枚の紙に重ねていったもの。
ブルーシートまでキャンバスにしている様子がのびのびと気持ちよいです。
最終日は13:00~16:00に行われます!

それぞれ個展が開催できるぐらいのちからをもっている5人。
しかも作品/ポートフォリオともに質が高くボリュームもあるので見ていくうちに
少々疲れてしまうほどですが、観賞後に得られる満足感もかなりのもの。

迷いながら、悩みながら作られていく、「今」しかできない5人の作品展、
明日が最終日です。
ぜひ直接会場でご堪能ください!


『何ものでもない私たち』
 https://www.facebook.com/wearenothingxx/info?ref=page_internal

 うえき
 木村有輝子 https://twitter.com/chara_334466
 中嶋健 a.k.a. ナスティーフェイス
 松本芽依
 ミヤノカオリ


DF STAFF nakagawa