めらんこりーごーらうんど




厨二病をこじらせている二人のドラマーが
共通の趣味だからと言う理由だけでタッグを組み
衝動に任せるまま共同展を開催と言う暴挙に出る。


こばやしさん(@cheep_trip_no_k
ちょみこさん(@tani_dr
二人展 『めらんこりーごーらうんど』






開幕早々、入室早々、
おいでませと出迎えてくれる首 吊子(くび・つりこ)ちゃん。

不謹慎なテーマをポップに飾ってくれる彼女の存在が、
展示会のイメージにも通ずる。





イメージカラーは白と黒、時々赤。
喪服と血液、葬式。
そんな人の生き死にに関連付けられる言葉ばかりが浮かぶ。




さて、こちらはお二方の作品の展示スペースを紹介するポップ。
このインフォメーション。
葬儀の際に街中に立ち現れる案内看板のようではありませんか?

この黒い矢印に沿って進むと、
お目当ての彼らに出会えるという。




こばやしさん(@cheep_trip_no_k


砂時計のフォルムだけど、
砂があるべき場所には黒い何かがおさまっている。

黒く潰されたそれは、物体が何であるかをひた隠しにする。
やがて、その黒は下部を満たし、
佇む彼女さえも葬ってしまうのだと思う。




目は口ほどにものを言う、
だから小さい瞳の中に、様々な情報や世界が広がっていても
おかしくないし、そうだよな、とも思う。

情報は口の代わりに情報を発し、
また情報を受け取る。

そんな関係性を絵画にしたら?





ちょみこさん(@tani_dr

行き過ぎた思いは誰かを殴り倒してしまうこともあるでしょう。
それが悪意からではなく、善意や愛といったものであれば、
ブレーキをかける判断を誤ることも日常茶飯事かもしれません。

想いの集積により形作られた作品は、
他方から見れば、狂気にも見えやすい。

画面に刺された画鋲の頭が、
反射し周囲を映す様は、こちらを覗いてるようで。




終わりを感じさせる情景は、
儚くて美しく見えると思います。

夕焼け空を見上げたら、流れ星のように、
人が空より落ちて、地面やビルに着弾しそうになっている。

着弾、それは高確率の死。
目に見える終わりまでの時間と距離が、
花火とかぶって見える。


展示コンセプトは「憂鬱」
しかし、憂鬱な世界の中にだって、
僅かだとしても未来とか希望はある。

憂鬱がお二方の作品の原動力なのだとしたら、
その想いはこうやって作品として。

めらん子 『めらんこりーごーらうんど』
開催期間: 2014.9.2 - 2014.9.8

(ぱんだ)