またたき



高橋くるりんさん、六回目の個展となります。

写真展  『 またたき 』

WEST : 2-D にて開催中






高橋くるりんさん
1971年 埼玉県生まれ。
高校卒業後、保育を学んで福祉施設で働き、現在は草加煎餅の職人。
20代後半より独学で写真を学び、現在に至る。
主にフィルムカメラ(135,120)を使用。


2007 「CameraPeople#2」(PIE BOOKS)掲載
2008 埼玉県吉川市商工会発行パンフレット表紙写真担当
2010 第60回記念埼玉県美術展覧会写真の部入選
2011 第61回埼玉県美術展覧会写真の部入選

その他個展開催・グループ展参加など。

お金ばかりの暗い世界で
あなたが強く美しく瞬いている
-コンセプトより-


一瞬を淡くいとしく切り取るポラロイドのように
四角くいフレームで情景が切り取られている。

展示タイトルである「またたき」
そうカメラは、またたきにより、
これらの写真を焼き付けている。




全ての写真の周りには白い余白。

高橋さんの余白は、写真の内部と外部を分断している印象がある。
それは、またたきをする私達とカメラが、
全てを捉えることができないように。
能力の限界を理解した上での判断のように。




私たちの目に映るものは、
見たい対象だけでない。

同時に空気や水や光の粒。
正確に認識できないものさえも、
同時に捉えてしまう。 




そんな不明瞭なものも一緒に抱きかかえて、
真っ直ぐにシャッターを切った写真作品の数々が、
会場に展示されています。

まるで輝く光が写真から放たれているようでした。


開催期間 : 2014.9.13 - 2014.9.15

(ぱんだ)