おじょーのへや



渡部・おじょー・綾美
『おじょーのへや』
2014.8.18 - 2014.8.24

1775年 パリに貴族の子として生まれる。
1789年 フランス革命により現代日本へ亡命。 現在多摩美術大学絵画学科油画専攻4年在籍。

ラブ&ハッピーをモットーに活動を続ける渡部・おじょー・綾美さん。
スペース内には虹色の壁紙で覆われ、巨大なハート型のモニュメントが壁にかかり、独自の空間を作り上げています。




これがそのハート型モニュメント。
この展示会の核です。人間でいうところの心臓部。
花、蝶々、虹や星などが散りばめられ、心臓が絶えず動いていることを証明しています。


ベルサイユ宮殿から着想を得て作られたという作品。
ビーズや布などをふんだんに使い、華やかな印象になっています。
近くで見ると2mmほどの小さなビーズが丁寧に敷き詰められていることに驚きます。


器からはみ出んばかりの大きなプリン。
スイーツはストレートに女性的であると思うのです。


ただポップでカワイイだけではありません。
人はただラブ&ハッピーなだけで生きていくことはできません。
ときには確執による不和が起こることだってあるのです。
この絵画からはそんな様子が伺えます。


電飾した立体作品もあります!
独自の世界を作り上げた素晴らしい展示会でした。


渡部・おじょー・綾美

11年 グループ展「まるてん」(多摩美術大学)
12年 グループ展「はなせるようになっていた」(多摩美術大学)
13年 二人展「THE SWEET HEARTS」(ターナーギャラリー)、グループ展「食ちゅう植物園」(多摩美術大学)、グループ展「ぎゅっ」(武蔵野美術大学)
14年 グループ展「五美術大学有志展」(アモーレ銀座ギャラリー)、グループ展「ベラドンナ小作品展」(アモーレ銀座ギャラリー)、グループ展「ベラドンナ・アート」(東京都美術館)


(chida)