Bullion



2014 SS 新作展示販売会が行われました。

「大人サイズの子供服」をコンセプトに、
ありそうでなかった服をデザインするブランド。




デザイナーのJIJIさんの拘りは随所に感じられます。
根底に据えた「大人サイズの子供服」というキーワード。

一見すればどこかパラドックスさえ感じさせますが、
実物を見れば納得してしまう。
かゆいところに手が届いたデザインとでも言えるのでは。

ただファッションブランドの一角として存在するのではなく、
ここへコンセプチュアルアートの潮流を感じずにはいられないでしょう。

現にJIJIさんは東京藝大の卒業生であり、藝術への造詣も深い。
如何に商品を顧客にアプローチしていくのか、見せていくのか綿密に考えられています。


生地は一般に出回っているものとは違った質感。
スーツやドレスなどに用いられるドレッシーな生地など、
素材への拘りも素晴らしい。

エレガンスでありながら、細かなディティールで子供らしさを演出しています。


過剰装飾はない、シンプルなデザイン。
しかしそこには光るセンスが垣間見えます。

アパレルブランドというのは大なり小なり、
どこかしら妥協しなければいけないのが世の常。

Bullionはそれを感じさせず、デザイナーと服を近くに感じさせ、
Bllionの服を着る人が愛着を感じながら長く着られる服作りをしているのだと感じました。


今年から精力的に活動を行うそうですよ。
Bllionの今後の活動をお見逃しなく。

是非ツイッターでフォローを!

WEBサイトはこちら。



--- chida ---