コフレ



こまごめさん、藤原 睦さん
二人のアーティストによる展示会
" coffret (コフレット) "

WEST : 1-A にて






英語が苦手な私は知りませんでした。
coffretとは「宝物」

この「宝物」こそが今回の展示のテーマ。
白色の壁面と色味ある照明の光の中で、色を灯す。


「 迷子と夕焼け 」
 藤原 睦
「 ユキ 」
 藤原 睦

「 ひかる 」
藤原 睦

藤原さんの作品内には不可視であるはずの
温度が見えて、それは肌で感じることが出来る。

すーっとひかれた滑らかな線と柔らかな膨らは、
彼女たちの魅力に繋がる。

「 ユキ 」で描かれた少女のまだ未発達な骨子と
背伸びする帽子とヘアスタイルの対比が眩しい。
  

「 おすまし 」
こまごめ

「 ずっと 」
こまごめ


「 花瓶 」
こまごめ

「 花瓶 」が好きでした。
花が生ける為の器、
その最も外側に位置するローファー。

私達の足を守り、共に歩む靴という存在。
それは恐らく靴としての役目をとうに終えて、
今は単純に器として機能する老後を送っているのかもしれない。

靴下をはいている姿も、たまらない。


今回ご紹介した以外にも数多くイラスト作品を展示。
お二方の作品が醸す空気中に散布されたなにかを
大きく吸い込んで、鑑賞頂ければ。

3/2(sun) までの公開

(ぱんだ)