バナーエリア

 

このブログを検索

輿石孝志 Nanami 『紙とペンと異国の旅』

輿石孝志 Nanami 『紙とペンと異国の旅』

2020.10.16  -  2020.10.18

[ WSET 2-A ]

独自の世界を深く追求し、作品を作られている輿石孝志さんとNanamiさんによる二人展が開催されました。驚きを与えてくれる作品がたくさん展示されていますので、その一部をご紹介させていただきます。

展示スペースには多くの作品が展示されており、自然と鑑賞意欲が高まる上に、展示タイトルが宙に浮いているというテンション上がるポイントがいくつもございます!お二人の作風は異なっていますが、作品のクオリティや熱量、そして唯一無二の作品を作られる感性を双方から強く感じることができます。

輿石孝志

輿石さんは切り絵と彫刻を融合させたような作品を作られており、複雑に交差するラインに釘付けにさせられます。素材は紙を使用し、100枚前後のカットされた紙を重ね合わせこの複雑な模様を作り出しています。制作の際は頭の中で多くのレイヤーを組み立てて完成形をイメージしているとお聞きし、輿石さんの頭の中を覗けたら覗いてみたいと思ってしまいました。

離れて鑑賞しても面白い幾何学模様を楽しむことが出来ますが、近寄れば近寄るほどに見えてくる別の世界が驚きで満ち溢れています。紙を重ね合わせることでこんなにも美しい形が生まれるとはとても信じられません。

淡い色味と小さな模様が可愛らしい作品です。細かな切り込みが集中している部分は目の錯覚で動いているように見えます。輿石さんの作品は切り絵と言っても様々な表現で制作されており、表現方法は制作を重ねるたびに広がっているのだと思います。

こちらは実際にご自宅で使用されている時計とのこと。一度はこんなお洒落な時計を家に飾ってみたいものです。

普段は石材職人をされており、作品制作は本気で取り組む遊びとも仰っておりました。この制作に対する気持ちが常に面白い変化をもたらし、鑑賞者に届ける驚きや感動を生み出しているのではないでしょうか。作り手が楽しんで作っていなければ、鑑賞者の心に響く作品を作るのはとても難しいことだと思います。


Nanami

動植物や模様を描いているNanamiさん。作品はとても神々しい力を感じる絵画で、一瞬で魅了させられます。動植物はリアルでありながら、周りの模様とも馴染んでおり、図のような平面性も持ち合わせています。

タツノオトシゴが描かれたこちらの作品は、水中に存在する宮殿のようなイメージを彷彿させ、模様の形や構成がとても美しい。色彩もグラデーションや配色が素晴らしくどこを見ていても感動できる絵画です。

制作はデジタル画で、細部まで徹底して描かれております。印刷へのこだわりも強く、ご自身で環境を整えて制作されているとのこと。近くで見ると、紙がキラキラと輝いており、普段見かけないような作品となっています。

動物達は光り輝いているかのように描かれ、幻想的な世界を味わうことができます。そして注目すべきはメインの動物だけではなく、周りのモチーフも見逃せません。普通は思いつかないであろう組み合わせや模様で描かれたモチーフは、Nanamiさんの個性そのもので、絵画の世界をより豊かに、魅力的なものにしています。

この虎の絵画は平面要素の究極の集合体のように、どこを切り取っても絵になる作品で、複雑な色彩と中央の明るい水色の抜けがとても気持ち良い作品です。絵の中の虎は平面的なのに動き出しそうなほど、画面全体から物語性を感じることができます。


今回の展示では、来場者の方も参加できる作品がございます。先ほど紹介したNanamiさんの虎作品を輿石さんが切り絵にするというコラボが実現。そしてこの切り絵作品に来場者がドライフラワーで装飾を施すという参加企画を開催しています。この作品が完成したら、なんと!参加者の中から1名抽選で当たるそうです!!なんて素敵な企画なのでしょう!こんな機会は滅多にございませんので、ぜひみなさん参加してみてくださいね!


    ■  輿石孝志

      twitter              cosmic0605


    ■  Nanami

      twitter              n_nautica73

      instagram         n.nautica73


<スペース詳細はこちら>[ WEST 2-A ]


staff:Chi