このブログを検索

三輪清香・衣袷-きぬあわせ-・和処布・fuku-fuku・晴流屋・ネヂママmaria540801 『着物リメイク展』


三輪清香・衣袷-きぬあわせ-・和処布・fuku-fuku・晴流屋・ネヂママmaria540801
『着物リメイク展』
2020.3.27  -  2020.3.29
[ WEST 1-B・1-C ]

着物をリメイクして作品を作られている作家さんによるグループ展が開催されました。お洋服からアクセサリー、BAGまで様々展示されています。それでは和の世界をご紹介いたします。


晴流屋



お魚型のバッグを作られている晴流屋さん。和を連想する金魚以外にも、鮫やマンタのバッグもございます。魚のシルエットやヒレの流れが和柄と相まってとても優雅な印象となっております。晴流屋さんのバッグを持ち歩けば、ワンポイントになること間違いなしです!


ネヂママmaria540801



お洋服を制作されているネヂママmaria540801さん。和柄でも様々な模様のお洋服があり、どの洋服も可愛く迷ってしまいます。とても縁起が良さそうな、全身に招き猫をまとえる柄の洋服もあります。色がカラフルであっても全体のバランスは落ち着いた色調でまとまるように制作されているそうです。



 ↑こちらはWEST1-Cの展示風景です。


和処布



和処布さんの作品は、蝶ネクタイや羽織りものがございます。味わい深い生地が使用されており、柄の位置が一点ずつ違うので、お買い求めの際は迷ってしまうのではないでしょうか。蝶ネクタイはリバーシブルとなっており、柄がある側と無地側で印象が大きく変わるので、付ける時のシチュエーションや気分によって付け替える事もできます!


三輪清香



三輪清香さんはアクセサリーやストール、ハンティング・トロフィーなど幅広く制作されています。渋目の色彩が和の心を象徴しています。ヘアゴムの柄は1点ものなので複数持っていたくなります!また、ハンティング・トロフィーは和にポップ感を持たせたような作品でとても可愛らしい飾り物です。部屋に飾れば明るい雰囲気になると思いますよ!


着物をリメイクするという共通のテーマはありますが、各作家さんで全く違った作品が生み出されています。今まで和の作品に触れることがなかった方でも、興味惹かれる作品ばかりの展示となっておりました!



スペース詳細▽
[ WEST 1-B ]

[ WEST 1-C ]


Staff Chi