このブログを検索

STUDIO TENTEN & SHINOA BIJOUX

STUDIO TENTEN & SHINOA BIJOUX
2019.10.17 - 2019.10.20
space : WEST 2-C


実りの秋のイメージにぴったりのジュエリーアクセサリーの展示販売会が開催中。
なかなか観ることのないバリエーション豊かなラインナップとなっています。
その美しい作品の一部をご紹介します♪




年に2回開催される個展。
今回の展示会のテーマは「Framboise jam session(フランボワーズジャムセッション)」。
フランボワーズのような上品な色彩をもつ作品たちが奏でる甘酸っぱいメロディー。
うっとりする出展作品たちを一部ご紹介します。



展示されるジュエリーは多彩な色味、形、表情をもっています。
展示台は文字通りの宝石箱。
視覚への豊かな刺激から自然とメロディーが奏で出てくるようです。


色味ごとにまとめられたジュエリーたちも、
その大きさや形、微妙な色味の異なりで無限の魅力を備えていることがわかります。
たくさんのアイテムから自分好みの一点を選ぶのも作品購入の大きな楽しみですね。



普段はウェブでの販売だそうなので、こうした展示会で一目惚れして購入される方も多いのだそうですよ。




展示会テーマの「フランボワーズ」に代表される赤味をもったジュエリーが多いのも今回の展示会の特徴です。
暗めの色合いの服を身につけることが多くなるこれからの季節、
STUDIO TENTEN & SHINOA BIJOUXのアイテムはきっと素敵なアクセントとなってくれるに違いありません。

展示会は明日20日までの開催。
本展示ののちには神戸大丸での展示会のご予定もあるとのこと。
ウェブサイトとともにぜひチェックしてみてください。


STUDIO TENTEN & SHINOA BIJOUX

https://www.creema.jp/c/studio-tenten
http://www.iichi.com/shop/shinoa

http://www.tenten5.com


2つのwebshopを展開中。
個展は年2回行っています。

貫禄ある大人の遊び心、余裕、そして愛らしさ‥‥。
40歳前後からのステキな女性のための日常ジュエリーを展開。
テーマは旅でインスパイアされた伝統工芸だったり、
琴線に触れる物語との突然の出会いだったり。
ストーリーを秘めたアートジュエリーです。
身につける人の人生にそっと寄り添う作品を目指しています。

秋の個展のテーマはFramboise jam session
ジャムセッションとは即興的に演奏すること。
フランボワーズジャムような美しい赤い石。
ピュアさと存在感ある石たちが、
手元で甘酸っぱいjazzを奏でます。


>>>展示スペースの詳細はこちらから
staff shimada