このブログを検索

伊藤三園

伊藤三園
2019.6.7 - 2019.6.9
space : WEST 2-B


魔女修行中の3つ子の女の子たちと彼女たちを囲む豊かな自然と生き物たち。
切り絵/木版画作家の伊藤三園さんによる新作となる切り絵作品の展示会が開催中!
切り絵作品に込める想いや制作の裏側をまとめたブック『PEN & CUTTER』にも注目です。



6月、窓からザクロの鮮やかな緑と赤い花がのぞくギャラリー2階の2-Bスペース。
壁面には伊藤三園さんが今年に入ってから制作した新作の切り絵作品たちが展示されています。



自然と生き物たちをモチーフとした作品がならぶ本展示。
作品をつなぐ存在は魔女修行中の3つ子の女の子。
魔女である大祖母から引き継いだ家で自然や生き物たちと仲良く暮らしています。


《Chamomile》

彼女たちが世話する庭の花たちをモチーフにしたシリーズ『庭の花』より《Chamomile》。
花たちは庭を訪れる生き物たちと表されています。
切り絵のその精密な制作が生き物と自然に命を吹き込んでいます。
紙の上に描かれるドローイングとは異なる透明感も切り絵の魅力です。


 《星の降る夜には》

こちらは3つ子の家の裏に広がる森の生き物たちをモチーフにした『森の友達』シリーズより《星の降る夜には》。
フクロウが佇むのは森に面した書斎の窓でしょうか。
静かな夜のひと時に添えられた流れ星たちがロマンチック。
伊藤三園さんの作品はモチーフに物語や趣を添える細やかな演出が光っています。


 《森のお友達〜シカ〜》

こちらは鹿をモチーフとした作品。
円形の構図に合わされた円形のフレームが伊藤三園の細部までへのこだわりを感じさせます。
黒と白で表現されていながらも命のやさしさや温かみが伝わってくるようです。



今回、これまでの切り絵作品をピックアップしながらその制作の裏側や作品に込めた想いをまとめたブックが販売されています。
作品のモチーフが選ばれた理由や制作時の工夫など作家さんならではの内容に大満足の1冊となっています。
切り絵が好きな方はもちろん、クリエイティブな刺激が欲しい方にもぜひ手に取って欲しい一冊です。

伊藤三園さんの個展は6/9までの開催。お見逃しなく。
9月21~23日には伊藤三園さんも参加するグループ展『切る彫る成せる展3』がデザインフェスタギャラリーで開催予定!
唯一無二の技と個性が集結するこちらの展示もぜひご注目ください。



伊藤三園さんweb : http://sadalsuud.xxxxxxxx.jp/

デザインフェスタギャラリーで過去に開催された展示会ブログも併せてお読みください!
伊藤三園『猫にまたたび。』(2018.12.21 - 2018.12.24 [WEST 1-G])
伊藤三園『ゆめの追憶ー伊藤三園切り絵展ー』(2016.8.26 - 2016.8.29 [WEST 1-B])


>>> 展示スペースの詳細はこちらから
staff shimada