このブログを検索

ART CONFUSE 6 番外編


ART CONFUSE 6 番外編
2019.6.1 -  2019.6.4
[WEST 1-D]

様々な物がCONFUSE(ごちゃまぜ)になったアートフェス。
ジャンルに囚われず自由に、好きなように表現するための空間
それがART CONFUSEです。



ちえろう
「一歩ふみだす」

縦に三つ連なった絵にはタイトル通り一歩を踏み出す巨大な鳥が。
鋭い眼光と強靭な足で踏み出すその一歩は何処に向かっているのでしょうか。
自分の力で世界へ羽ばたく巣立ちの一歩か、それとも獲物を捕らえるための一歩か
想像力を掻き立てられるような作品です。





















杉浦あかね
「満」

赤い空間に一つ佇む透明な杯。
中を満たしているのは個体でも液体でもなければ気体でもない様子。
もしかすると霊的なもの・・?
きっと正解なんてない、皆さんがご想像されたもの全てが答えになりうるのではないでしょうか。



杉山まさし
「三人」

うつむき気味で下を向き、ポケットに手を突っ込んで黙々と歩いていく背中と肩がどことなく重く見える気がします。
早朝の仕事への出発か、朝方の仕事帰りか、どちらにせよその足取りの向く先が希望の明日へと繋がることを願います。























青野元昭
「精霊 -Spirit」

お気付きの方も多いと思いますが、オオサンショウウオがモチーフの精霊のイラストです。
こちらのイラストの特筆すべきところはその書き込み具合!!
極細のミリペンで描かれたその鱗やつぶつぶの一つ一つが全てを物語っています。
撮影時在廊されていた青野さんにお話を伺ったところ、制作期間はおよそ1週間。
また、ルーペの着用も必要だそうで、時間だけでなくただならぬ労力によって完成された逸品でございます。


今回紹介させていただきました作家さんの作品以外にも総勢十人の個性溢れる作品がWEST1-Dで皆さんをお待ちしております。





















展示作品を利用したポストカードやシールなどの販売もしております!!
また、今回のART CONFUSE展はタイトルにもあります通り「番外編」になっております。
今回10回目となる本編の方は2019.9.29(日)〜10.2(水)の期間池袋芸術劇場5Fで開催予定、先着50人までの定員で絶賛募集中です。
こちらWEST 1-Dにも申込書が用意されておりますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りくださいませ。



本展は2019.6.4(火)まで



[使用スペース WEST 1-D]

STAFF KIM