このブログを検索

二枚舌ねこの 『静かなきみが好きだよ。』



二枚舌ねこの 『静かなきみが好きだよ。』
2019.3.9-2019.3.11
[WEST 1-F]

“人間は必ず死ぬ。みんな死ぬ。1人残らず死ぬ。
死ぬということをみんな目をそらしている。
でも死ぬ直前までは生きているわけで、命尽きる瞬間はとても美しいんじゃないだろうか。
朽ち果てるその瞬間を切り取って、永遠のものにしよう。”

11名のイラストレーターによる「死」をテーマとしたグループ展が開催中です。



「死」と聞いて、ポジティブな印象を持つ方は少ないでしょう。
なぎなおみさんの「お菓子に溺れて死にたい」という作品は、
話し言葉としての「死」のイメージ。
制服を身にまとった少女の、甘くてポップな印象に、切ない涙が光ります。



こちらは二枚舌ねこのさんの作品。
鮮やかで美しい水彩の中に、死にたがりの少女が佇みます。
近づいてみないとわからないイメージにどきりとします。



八八八さんの作品は、目を見張るような精密画。
細かく細かく描き込まれたイメージによって作られた神を彷彿とさせる個体。
無機質で機械的な印象もあり、ディストピアも想像させます。



MIAさんの作品は、どこかエドワード・ゴーリーを彷彿とさせるようなペン画。
華奢な線で紡がれるネガティブなイメージは、心の片隅にいる自分自身や祈りの印象が込められているようにも感じられます。



全て紹介しきれないのが悔やまれますが、
死生観の個性強く反映された展示で、どこか「なるほど」と考えさせられるものばかりです。
物販も豊富に取り揃えられていますので、是非お持ち帰りしてみてはいかがでしょうか。

展示は3/11(月)まで。


<スペース詳細はこちら>
[WEST 1-F]

staff kome