このブログを検索

山中絵里加 『IN THE BUNCH OF FLOWERS』




山中絵里加
『IN THE BUNCH OF FLOWERS』
2018.12.18-2018.12.20
at WEST 1-A

神田外語大学に在学中の山中絵里加さんの初めての個展が開催中。
独学で絵を描き始めてから1年余り、現時点での自身の集大成です。




神田外語大学で英語を学ばれている山中絵里加さん。
一方で独学で絵の勉強をしており、今年行われた真夏のデザインフェスタにも出展し、今回はそれを経ての初展示となります。

写真の作品の一部は、漁師をやっているというお祖父様が釣った魚をスケッチしたもの。
独学とはいえこの時点でかなりの成果が見えます。




絵やデザインの勉強をしている過程で、大正ロマン的なデザインコンセプトに出会ったという山中さん。

生き物を描くことが好きだったということで、徐々にそんなデザインコンセプトと自身の得意分野を融合させたような作品に取り組んできたのだそう。シンプルかつ大胆な色使いとベタ塗りのテイストがそれを物語っています。

地元の百貨店で展示をされた際、お祖父様も作品をご覧になったそうなのですが、両氏ということもあってか「魚拓」に見えたのだそう。

魚拓は正真正銘実物の魚を版にしたもの。山中さんがいかに魚の特徴を捉えそれを再現できているかという証拠ですね。




そして今回の展示のメインの作品群がこちら。
花や妖艶な女性など、大正文化を彩ってきたモチーフを取り入れつつ、自身が培ってきたものも自然と一つひとつの作品に活かしています。イラスト作品ですが、広告イメーーのような構図も印象的。




まるで化粧品の広告のような花と小鳥のイメージは、テキスタイル的な要素もあります。
なので、こうやってスマートフォンケースなどの雑貨にも活きてきます。というかめっちゃオシャレ!

今回が初めての個展ということでしたが、早くも来年2月には友人との二人展も決まっており、今後も精力的に活動を続けていくとのこと。期待大です!

展示は12/20(木)まで開催中。気になった方はぜひ足をお運びください!


山中 絵里加



【展示スペース:WEST 1-A】