美術系サークル11団体 『おとなのぴんく展-Adult Pink-』


美術系サークル11団体
『おとなのぴんく展-Adult Pink-』
2018.5.19 - 2018.5.21
[EAST 202,204]

関東圏大学の美術系サークル総勢11団体による、
大規模グループ展『おとなのぴんく展-Adult Pink-』。
ほんのりエロスをテーマにした数々の作品がEAST館2階にて展示されています。

11の団体から70名ほどが参加している『おとなのぴんく展』は毎年デザインフェスタギャラリーで定期開催されている展示会です。
展示会場2スペースには今回も大小様々な"ぴんく"な作品がぎっしり展示されています。
作品の一部をご紹介します!

-参加学校-
東京都市大学/成蹊大学/國學院大学/
中央大学多摩/東京学芸大学/東京女子大学/白百合女子大学/
学習院大学/実践女子大学/電気通信大学/東京理科大学

近年開催された際のレポートはこちら!:
東京都市大学他14大学『おとなのぴんく展-Adult Pink-』(2017.5.20 - 5.22)
「オトナのぴんく展」(2016.5.21 - 2016.5.23)


画面いっぱいに描かれた唇が目に飛び込んできます。
古来、性や愛情のシンボルとなってきた唇。
唇に染み込んだ記憶を辿って行くと...。アダルトで叙情的ですね。


"I WANT!"と叫ぶ女性たち。
直球なメッセージが明るくポップなイラストレーションで伝えられます。
作品に溢れるパワーから元気がもらえそうです。


点描で描かれたこちらのイラストレーション作品。
放課後の教室でしょうか、友人の部屋でしょうか、静まった空間の中でぼそりと発せられた言葉は一体どんな言葉でしょう。
二人を包む状況に見る者の妄想が広がる味わいある作品です。


はだけた首や肩についた激しい赤い跡。
空ろな瞳の奥で彼は何を思っているのでしょうか...。


暗闇の中で光る一筋の糸。
おとなのぴんく展的にエロティックなドラマを感じさせる情景描写ですね。


シンプルな線描と力強い塗りがどこか妙に生々しさを感じさせる作品。
よく見ると大きくはだけた上着にもドキリとさせられますね。


R-18スペースもございます。

美術系サークル11団体『おとなのぴんく展-Adult Pink-』は5/21まで。
学生のみなさんそれぞれによる「おとな」な「ぴんく」の表現の数々をご覧にお越しくださいませ。


美術系サークル11団体『おとなのぴんく展-Adult Pink-』       
 
-参加学校-
東京都市大学/成蹊大学/國學院大学/
中央大学多摩/東京学芸大学/東京女子大学/白百合女子大学/
学習院大学/実践女子大学/電気通信大学/東京理科大学

ほんのりエロスな芸術作品から完全R-18指定のものまで、
「エロ」をテーマに思い思いの作品を展示しています。
R-18エリアでは18歳未満の方のご入場をお断りすることがございます。

※作品に描かれている人物は全て18歳以上です
※少数ですがR-18Gコーナーもございますので苦手な方は仕切りの表示をよく見てお入りください



【展示スペース:EAST 202,204】
Staff shimada