ヤーノード・キャスリーン、デュフォー・モーガン、セイント.グレイ 『ラブレターに...』 2017.7.21 - 2017.7.23


ヤーノード・キャスリーン、デュフォー・モーガン、セイント.グレイ
『ラブレターに...』
2017.7.21 - 7.23
[WEST 1-F]

アメリカから来た3名のアーティストによる、
写真、イラストと絵画で表現された「ラブレター」。
それぞれどんな気持ちを伝えようとしているのでしょうか。


その展示では、
三人の外国人アーティストが独特なスタイルと媒体を使い、
肖像画の形でラブレターを書いている。
ロマンチックな愛以外にも、
そのラブレターは感謝や敬意、欲望、魅了を綴る。




広々とした空間の中で、それぞれ壁一面に
ヤーノード・キャスリーンさん、
デュフォー・モーガンさんとセイント.グレイさんの作品が並んでいます。


こちらの壁に並んでいる3枚の絵画作品は、
ヤーノード・キャスリーンさんの木目のキャンバスの上に描かれた、リアルテイストの人物肖像です。

よくみると、人が着ている服装が綺麗な空や山の景色になっていて、
コラージュのような不思議な空気が漂っています。


こちらはデュフォー・モーガンさんの写真作品です。
人の繋がりと弱さという視点で捉えた、
9人の表情から伝わっているメッセージを感じてみてください。


こちらは自然が好きなセイント.グレイさんの作品です。
縦長い紙の上にたくさんのイチョウが散りばめています。


自由に空を飛んでいるような、繊細な筆触で描かれたイチョウのイラストはまるで本物のようです。
イチョウの形をした大きい紙の上には、6人の顔が描かれています。
この6人にどんなメッセージを送っているのでしょうか。


在廊中、集合写真に応えてくださった仲の良い三人。
とても明るくて優しいです。
会期中に楽しく語り合う姿から、
それぞれアートに対する強い心が伝わってきますね♪

展示は本日まで!是非是非遊びに来てください^^

-出展者-

Kathleen “Katie” Yarnold
ヤーノード・キャスリーン(ケィティ)は、
カリフォルニアにあるサンフランシスコのベイエリアから来たアーティストだ。
カリフォルニア大学バークレー校で美術と英文を専攻した。
2015年から東京に住み始め、現在都立の高校で英語を教える傍ら、夜には絵画教室で講師も行う。
友達や家族、好きな人の肖像画を描くのが得意分野で、肖像画によってモデルの持つストーリーを伝えることを得意とする。

Morgan Dufour
デュフォー・モーガンが心理学を通して学んだことが、
彼女の写真家としての仕事に影響を与えている。
人物写真に魅せられた彼女は、リアルで真正な人間の性を表現しようとしている。
人の繋がりと弱さというテーマのもとに、彼女の作品は見る者を彼女自身の視点に誘う。

St. Grey
セイント.グレイはイラストレーションとアニメーションを専攻し、
新しいことに挑戦しそこから学ぶことの素晴らしさを学んだ。
彼女のプロジェクトの内容は主題によって大きく変わる。
しかしながら、彼女の作品に常に内在するテーマが存在する。
それは、自然からくるインスピレーションだ。
彼女は自然の力とそのインパクトの大きさに、強くインスパイアされている。




【展示スペース:WEST 1-F】
DESIGN FESTA GALLERY 原宿
Staff jessie