出羽 由紘 『せん、いろ、かたち』

『せん、いろ、かたち』
出羽 由紘
2017.6.21 - 2017.6.27
space : WEST 1-A


遊び心のある線とかたちで捉えた日常に潜むモチーフを描く
出羽 由紘さんによる個展が開催中です。



WEST館1-Aスペースで開催中の出羽 由紘さんの個展『せん、いろ、かたち』。
その名のごとく、出羽さんが制作において大切にする要素、
「線」「色」「形」から生み出された作品は、
日常のなかにあるものたちがモチーフです。

和菓子や魚の切り身、果物といった身近なモチーフに、
本展で文鳥という生き物が加わったのは、
出羽さん自身が文鳥を飼いだしたことによるそうです。


その「せん」はどんな線か?
その「いろ」はどんな色か?「かたち」は?

作家が見つめるモチーフは、余計な要素が引き算された極々シンプルな作品として完成します。
そのシンプルさが作家によって抽出されたものであることは、
例えば「ぶんちょうⅠ」で描かれた文鳥の「せん」を見ると明らかです。
「せん」は単色ではなく色彩のグラデーションをもって描かれています。
観る者は、自然と「せん」の流れを追いながら、文鳥の「かたち」を体感することになるでしょう。
「せん」は単なる「境界」としての意味以上に、文鳥のもつ生命、そして線自体のもつ生命を観る者に伝えます。


これまでも出羽さんが見つめ続けてきた「せん、いろ、かたち」。
これからもさらに視野を広げながら制作を続けていきたいと話してくれました。

会期は6/27まで。
展示作品は一部販売もされています。
ぜひ展示スペースにお立ち寄りください。



出羽 由紘
___________
1987年 横浜生まれ
2008年 横浜美術短期大学 造形美術科 絵画コース卒業
2010年横浜美術短期大学 専攻科 絵画クラス卒業


【スペースの詳細はコチラから】
shimada