かむっしぇふ 『青色展』



かむっしぇふ 『青色展』
2016.12.16 - 2016.12.18
WEST : 1-F SPACE

コンセプトは「青色」
ホワイトキューブに、
青い作品が集まった。






「青色」をテーマにそえた展示会は数多くあるけど、
中でも本展は、氷みたいな印象を与える。
色というよりは、光の屈折。

青と呼ばれるモノはそこには存在せず、
あくまで「青」く見えるだけ。
そう見えることに、どんな意図があり、意味が込められているか。
そう見せようとした意味を、
単純にその現象を観察しよう。


「青年」村田魁斗


ポラロイドみたいに左右上下に余白が設けられた、
とある青年のポートレート。
火の粉みたいな光の粒がきらめいて、
不思議と、この先を期待してしまう。

水みたい、彼は水溶液みたいだ。


「鋭利なシャボン玉」
須山あゆみ

シャボン玉は、なるべくしてあの球形になるわけで、
それがこのように鋭利さを獲得するためには?
そんなことをつらつらと考えてしまう。

また、鋭利なシャボン玉の強度は?
触れると皮膚を切り裂くものだろうか。
形が変わっただけで、こんなにもときめいてしまう。


「洗濯日和」
恵福幸栄


一仕事終えた後のような落ち着き。
業務用洗濯機の背後にホラーな足。
「高温殺菌」の文字が、
無機物と有機物の両方に適用されようとしている。
洗濯日和、この景色から想像するに、
この店舗の外には、どんな天候が広がっているのだろうか。

かむっしぇふ 『青色展』
2016.12.16 - 2016.12.18
WEST : 1-F SPACE