WHiTE 『「白」と彼女』



WHiTE
『「白」と彼女』
2016.9.26-2016.9.28
at EAST 302

デザインフェスタギャラリーと同じく原宿に店舗を構える美容室・WHiTEの久徳 竜嗣さん、樋口 千尋さんの2人の現役美容師による写真展がこの『「白」と彼女』。

日頃から多くの人の「美」に関わっている二人だからこその視点で捉えたポートレート写真が、真っ白な壁に並んでおります。




WHiTEは2015年に表参道に開業した美容室で、愛媛県松山市を拠点するグループの東京の店舗としてオープンしました。作品を展示しているお2人も愛媛県出身。
今回の作品はWHiTEがテーマとして掲げる

“白をまとう”
“白を彩る”
“白を愛でる”

にちなんで、「白」い衣装を身に纏ったモデルの、「白」を表現した自然体のポートレートとなっています。
こちらは久徳 竜嗣さんの作品。




やはりというか、プロの美容師さんだけあってスタイリングは完璧です。

しかしそれだけではなく、モデルとなる女性をどうすれば美しく写せるか、またどうすれば自然な表情を引き出せるのか、そういった一人のフォトグラファーとしての表現力も作品からは垣間見ることができます。




都会的なスナップの久徳 竜嗣さんと好対照に、柔らかな雰囲気を演出しているのが樋口 千尋さん。

女性が写す女性のポートレートだけあって、同じ目線にいる表情が引き出されているように見えます。
前ボケの使い方やふわりとした光の取り入れ方など、絵作りに対するこだわりも伝わってきます。




美容師さんが写真展を開くというと、ヘアサロンに置いてあるカタログのようなポートレート写真を想像してしまうかもしれません。

お二人の場合はそうではなくて、「髪」を通じて人の魅力を引き出すプロとして、最大限にひとりの人間の肖像を、この展示では描いています。

考えてみれば、美容師もフォトグラファーも「人と向き合う仕事」という点では同じ。
二人のようにスタイリングもできて写真も撮れるっていうのは、ある意味で最強なのではないかと思いました。


WHiTE
http://twiggy-hair.com/salon5



【 展示スペース:EAST 302 】
written by isaka