高井 基行/小野 清正(Kiyo)『PREMIUM EXHIBITION IV Parallaxis』WEST アートピース


WEST館全スペースを使用して開催中!
神島プレミアムクラス 『PREMIUM EXHIBITION IV Parallaxis』 
2016.5.24 - 2016.5.29

アートピースに出展されている、高井 基行さんと小野 清正(Kiyo)の作品をご紹介します。

高井 基行
■プロフィール
プレミアム加入年
2009年

グループ展
2013年 「PREMIUM EXHIBITION III jamais  vu」(TIPギャラリー/東京 京橋) 
2011年 「PREMIUM EXHIBITION II 知覚の束」(CLASKA/目黒)

■普段何に心をうごかされて考えてシャッターを切っているか。
「うごめき」を感じるもの。

■今回の自分の展示の見所を簡単に きれいさよりはむしろ気味悪さや不穏なざわつき。

小野 清正(Kiyo)
■プロフィール
2011年10月からプレミアムライトクラスに所属
グループ展
2011年2月第3回ゴミゼロ倶楽部写真展~2016年第8回ゴミゼロ倶楽部写真展(エコギャラリー新宿) 
2013年5月プレミアムポートレイトプレミアムポートレート講座1期/2期有志『俺のポートレイト』展 (72Gallery)
2014年4月PREMIUM L CLASS PHOTO EXHIBITION I「ココロオドル」(72Gallery)

受賞歴
2014年2月オリンパスCP+2014特別講座 フォトコンテスト「オリンパス賞」

■あなたにとって作品とは
心の映し鏡 何処かで見かけた大切な何か。
見たモノを伝える為の言霊(コトダマ)
こんなところで、あんなシーンを見たい、伝えたい。

■今回の展示の見所
昇仙峡の仙娥滝
日光の竜頭の滝
朝霧の多摩川
それを感じさせないシーンのあれこれ。
形を感じ、色を感じ、自然を感じる。
そんな不思議な光景
遥かなる記憶、遠い思い出




高井 基行さんの作品から感じ取れる「うごめき」。
それらは特別なものではなく、どこかで見たことのある風景。

合計8点の作品を展示されています。


小野 清正(Kiyo)さんの作品はそのどれもが壮大な自然を感じさせる。


逢魔が時という言葉を連想させる、鮮烈な赤が印象深い作品です。



「PREMIUM EXHIBITION IV Parallaxis」も残すところ3日となりました。
まだ見ていないって方、是非デザインフェスタギャラリーへご来館下さい!


【 展示会場:WEST アートピース 】

chida